topimage

2017-04

英国田舎紀行・湖水地方/コーンウォール〜コーンウォールその3 - 2015.08.19 Wed

いよいよ英国田舎紀行も本日でおしまい。おつきあいありがとう。もう少しだ!


P81106553.jpg



さて、これはどこでしょう?

モンサンミッシェル?いえ、それはフランス。


ここはターナーが絵にも描いたところ、、、

コーンウォールのマラザイオン(ペンザンスの近く)のSt. Michael's Mount。フランス語読みするとまさにモンサンミッシェル(大天使ミカエルの山)だけれどで。
でもここにはあまりにも観光化されすぎてモンサンミッシェルが失ってしまったものがたくさんある。


昨年モンサンミッシェルに行ったが、道路をつくったためすっかり陸地化して、いまでは満潮の時にも海の上にうかぶ、、、ことにはならない。おまけにお土産物屋やらレストランやらが林立していて観光客もすし詰め。ずいぶんがっかりしたものだ。


だからもし、海に消えてはあらわれ、満潮の時には命を落とす人もいた巡礼の道を歩きたいなら、モンサンミッシェルよりこのセントマイケルズマウントを強くおすすめする。



P81106053.jpg



夕刻7時、といってもまだまだ明るい浜辺にたどりつくと潮がどんどん引き始めていて巡礼の道Causewayが現れ始めていた。



P81106123.jpg



すすんでいくと、途中はまだ水に覆われているが他の人たちがずんずん進んでいくのでパンツの裾をまくりあげ裸足になって突進する。


P81106143.jpg



おお!これは楽しい!!



P81106153.jpg


(お見苦しい足はスルーで)

今年は下鴨神社の足つけ神事にいかれんかったからなあ、、、ここで足つけ(??)



P81106193.jpg



わんこ好きのイギリス人はわんこもつれて巡礼の道を行く。わんこもはしゃぐはしゃぐ!

実はこの道歩きが今回の旅行で一番楽しい思い出であった。



P81106223.jpg


島にちかづくと道はまた海から顔を出す。



P81106253.jpg



島を管理するナショナルトラストの小さなショップもすでにしまっていて静かでよい感じだ。
てっぺんのお城はサン・レヴァン卿のプライベートな住居、という点もモンサンミッシェルとずいぶん違う。



P81106263.jpg



この島の由来は西暦495年に漁師が島の崖の上に大天使聖ミカエルの姿をみたという伝説による。以後ケルトの僧侶たちが修道院を作り、ケルトの聖地、巡礼の場所となったそうだ。



P81106283.jpg



道を渡れる時間をしめす看板。意外と長い間道は歩けるようだ。



P81106973.jpg



島をぐるっとひとまわり。ここにも季節の花が美しく咲く。右手に見える赤い花はフクシア。



P81106983.jpg



フクシアは今が盛りでマルハナバチが蜜集めに忙しそうだ。



P81107033.jpg


この花の名前はしらないが、ここにも作業中の蜂。



P81106313.jpg



島からもどるころには道はすっかかりその姿をあらわしていた。昨年の大嵐でこの花崗岩の道は一部が流され壊れてしまったのを、現在もまだ干潮の時をねらって修復する作業がおこなわれている。



P81106363.jpg



沈む西日。ずいぶん干潟がひろがってきた。潮だまりには魚は見つけることはできなかったが、巻き貝やフジツボのたぐいがたくさんいた。



P81106373.jpg



波が描いた砂の紋様も美しく絵になる。



P81106403.jpg



対岸へ到着。



P81106413.jpg


泊まったB&Bの窓からも正面に山がみえる。これで夜の9時くらいかな。こうして遠景でみると巡礼の道は大きくカーヴしているのね。


P81106013.jpg



今夜のお泊まりはこのB&Bで。ここもよかったよ。窓からCausewayがわたれるかどうかすぐ見えるし。



P81207633.jpg



これはコーンウォールで「Cream tea」と注文するとでてくるもの。スコーン(たいてい)2個、ジャムとクロッティッドクリーム(クリームとバターの間みたいな)、それに紅茶がつく。これだけ食べるともう夕食いらんくらいボリュームある。


P81106573.jpg


翌早朝。マラザイオンの町はまだ眠っている。



P81106483.jpg



朝焼けの海におりてみる。



P81106663.jpg



できはじめた干潟ではたくさんの海鳥が餌探しに余念がない。


P81106553.jpg



けれど巡礼の道はまだ海にしずんだまま聖なる山は静かに浮かんでいた。








これでこの夏の旅行記はおしまい。ながらくおつきあい、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

おお、まさに

これは足つけ神事!!

いやいや、素晴らしい画が続きます

ええもん、見せてもらいました^^

おおきに♪

高兄様

そうなんです!
深さといい、水のつめたさといい、まさに御手洗池!

もっといいカメラ持参できたらよかったんですが(←腕はたなあげ)
ここはほんまにシャッターきりっぱなしで、どこをとっても絵になりましたよ。

しぇるさん、再び、こんにちは

今回の旅行記を拝見していて

なんだか、少し懐かしい臭い

風をかんじていたのですが

私の大好きな、アイルランドの臭い、風

昔、2週間程、ぐるりと廻ったアイルランド

そうそう

コンウォールも、同じケルト文化の国だったんですね~

その雰囲気が、何とも云えず

良い感じ^^v

いいなあ、羨ましいなあと思いながら、美しい旅行記 まとめてじっくり拝見いたしました。私は一応、英文学を勉強したことになっているのに、ずっと昔 ロンドンに数日滞在したことがあるだけ。イギリスについて何も知らないんだ!と気付いて愕然としています。
ああ、でも今は我慢の時、来年こそは旅行に出られますように。

高兄様

アイルランドもいいですね。
いっときアイリッシュミュージックにはまってアイルランド旅行も計画したことがあったのですが、なんとなく流れてしまいました。
また考えてみようかなあ、、、

そらいろつばめ様

ロンドンも一泊して美術館めぐりをしたのですが、どこも人が一杯で中国人観光客もいっぱいで、、、。やっぱりイギリスは田舎がいい。それにみんなほんまに親切でした。
また旅行におでかけできるようになりますように。でもそらいろつばめ様、但馬におられて日本全国、世界のお客さまをおもてなししてはりますもんねえ。(*^^)v


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/524-98dc2ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

湿し灰作り2015 «  | BLOG TOP |  » 英国田舎紀行・湖水地方/コーンウォール〜コーンウォールその2

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR