topimage

2017-06

湿し灰作り2015 - 2015.08.22 Sat

昨年初めて湿し灰作りに挑戦したところ、まずまずのできだったのに気をよくして、今年もきたる炉の季節に備え湿し灰作り。(いろいろな作り方があるので、ここに書いたのはあくまで私の教科書+我流アレンジです)


P81400013.jpg



昨年はパイロットスタディだったので量は少なめ、今年は少し量を増やしてみた。まずは灰のあくぬき。3回くらい洗い、上澄み捨て、をくりかえすと、



P81400033.jpg



上澄みが澄んできた。


P81600103.jpg


ここで漉す。昨年目の詰まった高級(!)タオル使用のためなかなか漉せなかったが、今年100均の目の粗いタオル使用。それでもけっこう時間かかる。それにタオルに吸着して増える棄損率、なんとかならんかなあ。
で、しばし水分をとばす。


しかし!
昨年は太陽ガンガンの土用に作業したのに、今年は時間がとれなくて立秋を過ぎてからの作業。まだ気温も高いし、、、と思ったのがおおきなマチガイ。全然灰が乾かない。やはり自然の力は時期というものをわきまえないといけないのだ、と実感した。



P81600013.jpg


一方、昨年は色をつけるための京番茶が手元になかったために、涙をのんで高級ほうじ茶を投入したが、今年はかねてより準備の京番茶を煮出す。京都外の人は初めて飲んだとき、「このお茶、焦げてる」とか「くさってる」とまで思うかも知れない独特のフレーバー。けっこう慣れるとさわやかでおいしのよ。灰に佳い香りをつけてくれるかも。


P81600123.jpg



京番茶投入。
これを何回も繰り返して良い色をつける、、、という方法もあるが、私は1回だけ。



P81600153.jpg



茣蓙に広げて乾かす、、、、が、結局当日乾燥までとうとういかなかった。夕方には小雨までふってくるんだもの。べちゃべちゃのまま天気を待って数日後に再開。



P81800013.jpg



ある程度ぽろぽろになるまで乾いたところ。



P81800023.jpg



2種の篩で篩う。乾燥がたりないと、篩の目が詰まって作業がすすまない。さりとて乾かしすぎると湿し灰とも言えず、、、むつかしいわ。それから、このあたりまでで3分の1くらいの灰を失ってるんじゃないだろうか。
このコテ?
これはご愛用の湿し灰用コテ。灰をこそげ取ったり篩でこしたりするのにお役立ち。




P81800053.jpg



昨年よりは少し多目にできた今年の湿し灰。
さて、灰匙からさらっと落ちるだろうか。炉の季節が今から楽しみだわ。



関連記事

● COMMENT ●

炭切りと石臼ひきの抹茶作りの記事も掲載してほしいです。

ヌーチャン様

炭切りは、、、、丸ぎっきょをわりぎっちょにするくらいしかしませんねえ。
管を割り管にするにはノミみたいな道具がいるみたいだし。
それから臼で挽いた抹茶は体験会と社中の口切りでやりましたが、、、、はっきりいって葉っぱっぽくってまずいです。やっぱり管理された環境で挽かれた抹茶がいちばんおいしいかも(^◇^;)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/525-0399040a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝茶事合宿(*^^)v «  | BLOG TOP |  » 英国田舎紀行・湖水地方/コーンウォール〜コーンウォールその3

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (16)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (21)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR