topimage

2017-08

謡曲「東北」軒端の梅〜神楽岡あたり - 2013.03.06 Wed

東山がほんのり薄化粧をした日。

P1020610.jpg

大文字もかすかに「雪大文字」。
P1020613.jpg

黒谷さん(金戒光明寺)から真如堂まではおなじみのお散歩コースなのですが、、、

P1020611.jpg

この日は真如堂はスルーして、そのまま北へつきあたります。

P1050662.jpg

ここは萩の霊場・迎称寺。この土壁の下に萩がびっしり咲くそうですが、今はまだこの季節ですから。
でもなんて良い雰囲気の土壁なんでしょ。実は萩の季節にきたことがありません。こんなに近いのに。今年の秋には忘れずに来なくちゃ。

P1020605.jpg

その西隣が極楽寺。
真如堂が天台宗のお寺で真正極楽寺(ごくらくじ)というのに対して、こちらは時宗のお寺で時宗極楽寺(ごうらくじ)というそうです。

P1020606.jpg

これも極楽寺の門だと思うのですが、、、、あれ?
門はりっぱなのにむこうに見えるは普通のお家???

さてその西隣が本日のお目当て、東北院。

P1050665.jpg

謡曲「東北(とうぼく)院」で有名な軒端の梅を見に。

東北院は、藤原道長が建てた法成寺の東北に道長の娘・彰子(紫式部も仕えた中宮)によって建造された三昧堂で、もともと廬山寺のあたりにあったそうですが、元禄時代の大火で真如堂、さきほどの迎称寺などといっしょに今の場所に移動してきたそうです。

P1050668.jpg

お、あれかな?
まだ三分咲きといったところでしょうか。
軒端の梅は、中宮・彰子に仕えた和泉式部が自ら植えて日々眺め暮らした、といういわれのある梅。(元禄の移転の時、いっしょに移植したとか)

謡曲「東北」は、旅の僧が東北院をたずね、梅の精から和泉式部の軒端の梅の由来を聞き、式部のために読経すると、式部の霊があらわれて舞を舞いながら消えていく、、、というようなストーリー。

P1050669.jpg

当時の面影は、、、というほどにはありませんが、ひっそりしたこの一画は訪れる人も稀で、もの思いにふけるには良い雰囲気の場所です。


  今はこれまでぞ花は根に  鳥は古巣に帰るぞとて
     方丈の灯し火を  火宅とやなほ人は見ん
        こここそ花の台(うてな)に  いづみ(出づ身・和泉)式部が臥所よとて
     方丈の室に入ると見えし  夢は覚めにけり
                     見し夢は覚めて失せにけり



ここをさらに西に行くと、吉田山荘(旧東伏見宮別邸)がある神楽岡通りにでます。

P1020609.jpg

後一条天皇(彰子の生んだ天皇)皇陵あたりで突然の雪吹。
うわ〜、、、、、、

P1020607.jpg

うわ〜、、と、いいながら、雪にまみれながら、しっかり和菓子屋さんを見つける。
神楽ヶ岡通りを少し上がったところにある柏屋宏之菓舗さん。
なんとこちらは親子で和菓子職人とパティシエをやっておられるんです。ケースのなかには和菓子と洋菓子がまぜこぜに。
昭和になってからできた(京都では)新しいお店ですが、上生もケーキもいっぺんに調達できるっていいですね〜。

P1050682.jpg

まあ、私は和菓子党ですけど。(^o^)
このしべの細工をみてください。御銘は、、、「チューリップ」!!


関連記事

● COMMENT ●

この店はまだ入ったことがないのです。リアルな和菓子ですね。
学生時代にここには菓子屋はあったかしら?記憶がありません。
お金はなくても食いしん坊の私は食べ物の店は目に入るのですが。

食べちゃうのがもったいない!!

ひいらぎ様

よく考えたら、このしべはどうみても椿ですよね。でも花びらがとても写実的なチューリップ。
京都のお菓子にしたらめずらしいです。たぶん昔は洋菓子部門がなかったので、もっとじみ〜な建物だったんじゃないかしら。

夢風庵様

がしがし食べちゃいました!
私の好きな練り切りだったので美味しかった。

しぇる様

うっすらと雪化粧した大文字、きれいですね~!
未来の自宅の近くですが、「東北院の梅」知りませんでした。勉強になります。

でもくいしんぼうなので、柏屋宏之菓舗さんは2度ほどおじゃましました。
洋菓子と和菓子とあって面白いですね。もちろんにゃんちゃんも和菓子を買いました。

にゃんちゃん様

いいですね〜、あのあたりに(未来に)お住まいとは。
軒端の梅は知っていたのですが、梅の季節に行きたいと思いつついつも忘れていたので、今年やっといくことがデキマシタ。観光客はあまりいかないような、おもしろいスポットがあのあたりまだまだありそうですね。また教えてください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/54-db2d64e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天神さんの梅見と北野界隈さんぽ «  | BLOG TOP |  » 三清庵・小川後楽堂にて煎茶を楽しむ

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
古筆 (1)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (22)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR