topimage

2017-08

岡崎ときあかり〜白川あかり茶会2015 - 2015.09.23 Wed

昼間のにぎわいがウソのように夜になると人っ子一人いない岡崎エリアが、このイベントの時だけ人であふれかえる。岡崎ときあかり



P92000193.jpg



ライトアップされる平安神宮の大鳥居。

とはいえたくさんの人が来るようになったのはここ2,3年のことだと思う。ここに引っ越してすぐのときあかりは、始まったばかりの市立美術館をバックにしたプロジェクションマッピングを見る人もまばらで、ゆっくり散策できたのだが。


P92000403.jpg



今年も美術館の前はすごい人で、道路の反対側からちらっと眺めるにとどめる。



P92000433.jpg


夜の府立図書館。こちらは人影もまばらでいい雰囲気。国立近代美術館も夜遅くまで開館していた年もあったけれど、今年は参加していないみたいだ。



P92000373.jpg



これに連動して2年前から開かれるようになった白川あかり茶会、こちらが主な目的。仁王門通りから南の白川、いつも愛用している大好きな道に沿って茶席が。



12004046_453053454866844_6595679498450659696_n (2)



昨年はペットボトルの筏をうかべた茶席など、たくさんでていたのだが、今年は2日にわかれたこともあって、少ないのが残念。



P92000263.jpg



お、やっとるやっとる。写真が暗いのでわかりづらいが左手は川の中。



P92000303.jpg



唯一川の中じゃない茶席は竹中庵の笋会席。(笋は竹中だけにタケノコの意)
ちなみに竹中さんは昭和の初めまで竹中製麦所という麦を加工する工場の工場主で、そのとき使われていた水車の跡がある。

席主は藪内の若武者だが、今年で3回目、 回を重ねる毎に自信と貫禄がついてきて堂々たる亭主ぶりだ。伸び代のある若者はうらやましい。だが負けずにがんばらねばならんと思う。



P92000313.jpg


竹中庵のもと水車のあった場所にプロジェクションマッピングで出現した水車がまわっていた。



P92000323.jpg



こちらは箔庵という川中の茶席。おそがけだったので、もう亭主もおられないのでながめるだけで。
何が箔、、、なのか?



P92000353.jpg



アルミ「箔」の壁だからなのね(^_^;)
待庵の近未来的解釈か???はいれなくてちょっと残念。


P92000343.jpg



三条通へ続く下流では友禅流しのデモンストレーション。来週中秋の名月を迎える8日あまりの月もでて、いつもとちがう景色を楽しむ。ここは初夏には螢がでるんだよ。



P92000383.jpg


ふだんは人通りが絶えるのでひとり歩きは若干はばかられるが、こんな時にはゆっくり宵のそぞろ歩きが楽しめてうれしい。岡崎はほんま、ええとこどすえ。(昼間の喧噪はNGだが)



P92000453.jpg


かえり道、美術館のプロジェクションマッピングの続きをしばし鑑賞して、帰宅した。ちょっと体力も気分も回復して茶事の片付けの続きをしたのはそれからである。



関連記事

● COMMENT ●

箔庵のご亭主も27歳の、利休をこよなく愛する若武者でした。木守と利休が名づけたお茶碗の話を熱く語っていただき、お茶で人を動かすことができたらと・・・・「若い」ってええなぁ~なんか鳥肌が立ちましたわ!あと20年・・・・30年若かったら・・・・(いや、40年か!?(笑))

花咲様

ほんま、先の時間が長いということはすごくうらやましい。
でも彼らくらいの年齢の時私はなにをしてたかな〜と思うと、自分のことでせいいっぱいだったなと。
お茶もすっかり忘却の彼方だったし、、、、
その失われた?20数年をとりかえすために、残りあまり多くない人生、どれだけのことができるかな。若さをうらやんでばかりではなにも始まらないので、彼らに刺激を受けつつ、老骨・老精神にハッパかけながらがんばらう。

しぇるさん、こんにちは

ときあかり

今は、こんなに人が多いんですね~

連休というのも、影響したかもしれませんが

ひえええ・・・

高兄様

毎年増えていくようですわ、とくにプロジェクションマッピング。
でも神宮道の反対側でもけっこうみえるので、こちらがおすすめかと。
白川茶会は今回ちょっと席数が減ったのが残念。(>_<)ゞ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/540-b3628edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

らくたび京町家〜旧西村家住宅 «  | BLOG TOP |  » 長月の茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
古筆 (1)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (22)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR