topimage

2017-04

月見の煎茶会〜黄檗山萬福寺2015 - 2015.10.05 Mon

PA0300423.jpg



台湾のスカイランタン(天灯)です、、、、、

ウソです。

今年もやってまいりました、宇治の黄檗産萬福寺、月見の煎茶会。


PA0300033.jpg


しかしなにゆえに真っ暗になってから行ったのか??

宇治に行こうと京阪特急にとびのったら、先日から走りはじめたばかりの京橋(大阪)までノンストップの特急だったのよ〜。゚(゚´Д`゚)゚。京橋までいってもうた。これで1時間のタイムロス、たどりついたらオシマイの30分ほど前だったのだ。



PA0300073.jpg



献茶式の後の法要ももう始まっている。



PA0300133.jpg



なんとかちょっとだけ、独特の黄檗声明(梵唄とも)聞けた。ちょっと西洋の聖歌に似た異国的音楽的声明なのだ。
なにせ中国・明出身の僧隠元を開山に請じて建てられた禅宗寺院なので。

さてとりいそぎ入れる席に入ろう。



PA0300173.jpg



まずは方円流の席へ。
煎茶は300以上も流派があると聞いたので、作法も多岐にわたる。なので自分流の流儀でいただく。(実はちょっとだけ煎茶道・某流かじったことあり)

室礼は茶道よりも自由で楽しい。もともと煎茶道は隠遁する賢人のような自由と精神の気高さを表す風流を重んじ、形式にとらわれない、、ことから出発したから。



PA0300193.jpg



お菓子は月見にふさわしいかわいいお菓子。煎茶はお茶を飲んでからお菓子をいただくのが一般的。茶道はお菓子を先にいただくけれどね。



PA0300203.jpg



煎茶と萬福寺の関係は、日本の煎茶道の祖・売茶翁こと高遊外がここの僧侶であったこと、日本煎茶道連盟の会長を萬福寺管長が兼ねることによる。




PA0300213.jpg



月を見ながら一服、、、、といいたいけれどこの日の月は20日の月でまだでてこない。
毎年10月第一土曜にやるので、新月の日にあたったこともあるそうだ。さすがにその時は「月見茶会」でなく「秋の茶会」にしたそうな( ^ω^ )



PA0300253.jpg



法堂前の雲井流の室礼はいつも惹かれるのだが、この日ももう終了しました!とのことで入れず。来年こそ。



PA0300303.jpg



東方丈の黄檗売茶流になんとかまぎれこめた。今年はこの二席のみ。(京阪のアホ〜アホ〜、、、いえ、悪いのは私です、、、)

大きな朱塗りの盥にいれられたツルウメモドキのすごい迫力!これさすがに小間の茶室ではできんよね。



PA0300313.jpg



ここのお菓子もすてき。確か昨年は青い地球みたいなお菓子だったが、今年はこれ、月なんだそうな。



PA0300323.jpg



ここのお茶は水のような温度だったので玉露だったかもしれない。二煎いただく。おいしい。



PA0300393.jpg



方丈を出た廻廊にもランタン。もうあちこちの席で片付けがはじまっていた。


PA0300403.jpg


夜の寺院ってほんとうに独特の雰囲気があるね。(こういう会でもないと夜の寺院にははいれませんが、、、)



PA0300433.jpg



はいれなかったけれど、これは小笠原流だったかな、水屋の人たちの慰労の席のようだ。




PA0300413.jpg



で、今回のレポは不完全なものになったので、この煎茶会についてもっと知りたい方は

昨年一昨年の記事をどうぞ。

毎年少しずつ、席を持つ流派がいれかわっているのでおもしろいかも。


PA0300443.jpg



天王殿の中国的布袋さんは弥勒菩薩の化身とも。

おやすみなさい、布袋様。



関連記事

● COMMENT ●

シェルさん、こんにちは!毎度ご無沙汰しております。
懐かしい黄檗山万福寺。^^ 
厳かな雰囲気ですね、私が訪れたのは子供のころなのでもうかなり前。
それでも大きな木魚がとても印象に残っています。。。
あのころは6人家族だったのが、今では半数。
時の流れを感じます。。。

くーちゃん様

お久しぶりです。おかわりありませんか?
子供のころに行かれたことあるんですね。私は大学の時に1回だけでしたが、京都移住後はけっこう行き倒してる場所にナリマシタ。普茶料理もおいしいし(^。^)
家族が家族でいられる時間は案外短い、、としみじみ思います。
よい秋になりますように!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/547-a62ff3de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちっちゃいパレード〜元・立誠小学校 «  | BLOG TOP |  » マグリット茶会「これは茶会ではない」〜好日居

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (48)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR