topimage

2017-08

鴨川お茶時間 - 2015.10.16 Fri

秋の爽やかな日々、3日連続で鴨茶(鴨川べりでいろんなタイプの野点をする)がおこなわれた。仕掛け人は洛北紫野あたりに住する人たち。どなたも自由なお茶を愛し、じわじわうなりたくなるような趣向を提供できる人たち。



PA1000233.jpg



朝から宵まで、時間自由、鴨川べりなら場所自由、趣向自由、出入り自由、ただしすべて自己責任で、というコンセプトだけであつまった人タチは遠くは東京から出雲から、、、、
行きたかったのだけれどね、いろいろ浮世のことがせわしなくてね。初日、仕事帰りにやっと一席だけ参席できた。



PA1000123.jpg



お〜在釜、在釜。
出雲のお人が出雲のお茶を点てている場所がなんと出雲路橋!



PA1000153.jpg



短冊もかかっていればお花も、、、あ、これは賀茂川籠!おもわずにやりと、、、、
この席では濃茶をいただくことができた。お菓子は雲州松平家不昧公ゆかりの「山川」「菜種の里」など出雲感いっぱい!


PA1000163.jpg


なんといってもこのポット?釜?がすばらしい。下に高出力のアルコールランプを装備、風にもきえることなく火力もつよい。まさに携帯用釜といってもいいかも(アウトドア用品のアルポットというものらしいです)
他にも段ボールに黒のビニールテープでトリミングしたナイスな風炉先屏風や旅箪笥、ご亭主のユーモアもちりばめられていて楽しい席だった。しかし、これだけの大荷物、しかも日帰り、すごいなあ。


何回かお目にかかったことのある席主さんはお仕舞もされる茶道男子。たまたま同席になったこれまた紫野で知り合った女性も謡い・仕舞をされている方。私は超初心者ながら三人で仕舞しようかという話もでたり(消えましたが、、、)能の方面でも話ができたのがうれしかった。
最後に段ボール屏風にはりつける歌を1首がデューティーなので必死にしぼりだす。



PA1200033.jpg



中一日は京都にいなかったので参加できなかったが、みなさんの話をきくとユニークで楽しい席ばかりだったらしい。
最終日はちまっと参加。これだけの荷物を自転車につめこんで鴨川べりにGo!



PA1200063.jpg



気持ちのよい桜の木の木陰で店をひろげる。抹茶とか煎茶とか珈琲とかあったので、私はミニミニティーセットで紅茶にした。気持ちばかりめざしたのはヴィクトリアンなお茶会。



PA1200073.jpg



う〜〜ん、、、しかし、だれもこんなあ、、、

通りすがる人にアヤシイ人と思われつつぼ〜っとしたり持ち込んだ本を読んだり。季節が暑くもなく寒くもない最高の日和で川風も気持ちよい。



PA1200153.jpg



いつか「鴨川’sDay」と称する鴨川べりで一日ぼ〜っとする日を作りたいなと、忙しい毎日の中で思っていたが、こんなかたちで成就するとは。これも楽しきかな。



PA1200113.jpg



あまりにヒマなので自分でお茶をいれてみたり。おいしい.゚+.(・∀・)゚+.

お湯はポットにつめてきて、ここではアルコールランプのミニ炉でお湯をさらに熱くする。この火で(ガスレンジじゃなく、電気じゃなく)お湯をわかす、という行為がなんだかとっても楽しい。炭で炉や風炉に釜をかけるのとおなじか。さすがに釜はようもってこんが。



PA1200213.jpg



木の枝にくくりつけた緑の布は「糺の森を破壊しないで(下鴨神社の糺の森を壊してマンションが建とうとしている)」の意思表示。今回の鴨茶席あちこちで協賛あり、私も。



PA1200193.jpg



そうこうしているうちに(ほとんど知り合いながら^_^;)ぱらぱらとお茶のみにきてくださる方も。お子様連れのご一家でおいで下さった方もあり感謝です。



PA1200273.jpg



こちらもご家族でおいでくださった方は小型旅箪笥(これがまたすぐれもので、よ〜できてるわ、ほんま!)に抹茶道具一式をつめこんで反対にお茶を点ててくださった。こちらも紅茶をいれてこれぞ比翼点て(?)。



zasikiwara.jpg



野点道具餅や肴を炙るミニ炉など一式をキャリーに詰め込んで、上流でこれから鴨茶するお嬢さん。座敷童的いでたちがすてき(o‘∀‘o)*:◦♪

カソリックと茶道の話を延々とされたお兄さん、久々にリアルに(FBではしょっちゅうチャット)会えた友人、すてきな月釜を主催されているお茶友さん、数少ないお客さまになってくださってありがとうございました〜。楽しかったです。みなさん、もっとゆっくりとお話ししたかった!(その意味ではお客さんは少ない方が楽しいかも)




PA1200313.jpg



夕方終了して荷物をまた自転車につめこんで、主だった仕掛け人たちが集う、お茶だけでなく舞やら雅楽演奏やらあると聞いた上流へ走る。デルタの突端でやっているのもどなたかの鴨茶席のようだ。



PA1200323.jpg



デルタ(出町柳・高野川と賀茂川が合流するところ)より北の賀茂川(鴨川はデルタ以南)べりは自転車で走りやすくとても気持ちがよい。



PA1200343.jpg


鷺やら鴨やら野鳥がたくさんいるのもこのあたり。
途中これまた偶然であった茶友もさそってさらに北へ。



PA1200403.jpg



おお、あったあった。
ここではお茶あり、お酒あり、酒の肴あり、笙とか篳篥、龍笛の雅楽の演奏もあり、なんだか日暮れとともにシュールな空間ができていた。なんと楽しいことを考える若いお茶好きな人たち!
まだまだ夜まで興はつきないようだが、私はお茶とお酒を少しいただいておいとましよう。



PA1200443.jpg



日本に京都があってヨカッタというが、京都に鴨川があってよかったと私は思う。そして鴨川べりに野点のお茶はとてもよく似合うのだ。鴨川べりは広いので、どこでも茶席作れます。あなたもいかがでしょう?



関連記事

● COMMENT ●

久しぶりに

短い時間でしたが、リアルでお会いできて楽しかったです。
お茶、ごちそうさまでした。
カップがほんとに可愛いのでイライラしないわ。
鴨川べりは学生時代よく歩いたり、川の流れを見ながらボ~っとしてました。
また他の鴨茶席にもおじゃましたいです。

夢風庵様

当日はようこそおでましくださいました〜>^_^<
こんどは椅子席もご用意しておきますわ。
また天気のいい日は鴨川でお湯わかそう。でもそろそろ寒くなったらしばらくできひんなあ。

お出でいただきまして、ありがとうございました。

 ささやかな野点席にお出でいただきまして、ありがとうございました。
 楽しいひとときでした。
 今度は、吉野天人をソラで謡えるようにしておきます!
 お能は、難しすぎます。
 いずれ、紅茶をいただきながら、イライラとしてみたいです。
 出雲橋は、遠くて他の方の席が分からないのが難点でした。出来れば皆さんに近いところにいて、お客で歩き回りたいです。

ensyuu様

なんだかとても楽しかったですね(^-^)
出雲のお連れ様も茶味あふれた方でお話ししていてとても楽しかったです。ありがとうございました。
デルタから少し遠かったですが、あのあたり浮世離れ感があって絶好の鴨茶ロケーションのひとつだと思います。私も他の席はいきそびれたのが残念。

吉野天人卒業しまして、今は複雑すぎてわけがわからない玉鬘、はじめました。新しいことを習うと古い記憶は消去されるので、吉野天人はもうだめかも〜〜

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

ほんとうに楽しゅうございましたよ。ユーモアいっぱいの席でした。ふつうの大寄せ茶会ではこんな楽しみは絶対得られませんわ。最後に一首、苦し紛れにひねって風炉先に貼る、というのもおもしろかったです。ご亭主には記念になり、客には想い出に。いつか出雲にもおじゃましたいなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

またDMさしあげます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/552-ad49420b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

また会いましょう〜の茶事 «  | BLOG TOP |  » 古稀の茶会〜横浜・三渓園

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)
ポルトガル中部〜北部紀行 (2)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR