topimage

2017-07

月見茶〜十三夜、十五夜 - 2015.10.30 Fri

端整な茶事茶会をやりたい。でも、うまいこといかずいつも悩んでいるわけだが、たまにはふっと肩の力を抜いてお気楽なお茶をしたい。日々の生活のなかであたりまえのように湯を沸かして茶をのむ。文字通りの日常「茶」飯。


PA2500133.jpg


日常ではあれど、楽しみのスパイスを少々きかせて遊ぶのも。縁側にミニ風炉(アルコールランプ)と土瓶(いずれも市川孝さんの)をもちだして。腰掛け待合いの方に家人をすわらせると、こっち向き、逆勝手になるのよね。遊びながら勉強になる〜(?!)


この夜は十三夜なので夜はまた月見茶しよう。


、、、、で、日も暮れて、、、



PA2500293.jpg


きれいな十三夜、のぼりました〜!(オートモードで撮るとどうしてもハレーションおこす、、、)



PA2500313.jpg



小さな手燭を用意し、電球の灯りを消せば、雰囲気は上々。



IMG_14083.jpg



蝋燭の火は赤く、アルコールランプの火は青い。お湯の沸く音を楽しみに待つ。



IMG_13983.jpg



ちなみにちらちら見えている器は田中茂雄さんの鉢に大量にあまった食用菊を茶席の花として。(これはおひたしにして食ったほうがうまい、と友人に言われたが^_^;)



PAmoon2015.jpg



マニュアルモードで撮った十三夜。中秋の名月を見て、これをみないと片見月といって縁起がわるいんだそうな。空気がより冷えて透明度が増すこの季節の十三夜の方が美しいな。

月を愛でながらいただく一服はことのほかうまい。(ような気がする、、、)


二日過ぎて今月の満月の夜。



PA2700143.jpg



満月の宵には謎(?)の美女F子さんが鴨川べりでお茶をいれてくれる不思議なティーパーティーがある。草むらの中で蝋燭の灯りだけが照らす不思議な集会。



PA2700093.jpg


この夜はあいにくの曇り空。月はみえない。しかも雨までふってきた(傘がみえるかな?)というのに、集まってくる好き者数寄者たち。雨にぬれても煎茶を何服も喫しながら河原に流れる静かな時間がここちよい。



PA2700123.jpg



そのとき、小雨の中一瞬、月が見えた!なんだか奇跡的な物を見たような気がする。

歓声をあげ感嘆する人々。見えるだろうか、あるは傘をあるいは笠をそしてほっかむりの数寄者たちが(^o^)



関連記事

● COMMENT ●

こんにちは

おうちの縁側で一服、いいですね。
すごく憧れます~。

鉢いっぱいの菊の花もとても綺麗。
何かを思い出すなあ…と思ったら、アメリカに住む人の作った菊茶でした。
mizorin.exblog.jp/9880726/

cox様

ほんとだ〜!同じ〜。
菊花茶って自分で作れるんですね。参考になりました〜。

さすがにドイツのお宅には縁側は、、、ないですよね。
そういえば縁側からはじまって日本庭園の研究してたフランス人がいたっけ、、、

(5/24の記事)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/558-b10f9d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

琳派総集編!〜国立博物館〜駅美術館 «  | BLOG TOP |  » 西行庵秋の茶会2015〜小堀遠州流家元席

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (50)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (12)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR