fc2ブログ
topimage

2024-04

修二会2013・その1〜お松明 - 2013.03.08 Fri

P1050721.jpg

例年の如く、萬々堂さんの「糊こぼし」にて虫やしない、いざ、出陣!

P1050722.jpg

「おでかけ?うちらはこれからおやすみ。」(鹿)

P1050726.jpg

片岡梅林の少し早い梅の林をぬけて、

P1050728.jpg

1月にみた若草山の山焼の跡をみながら浮雲遊園をつっきって、

P1050735.jpg

修二会の行法さなかの二月堂へ。

P10507452.jpg


暮れてゆく奈良市街をはるか見晴らしながら、初夜上堂、お松明を待つ。

P1050750.jpg

消防士さんもスタンバイOK。
今年は久々に登廊近くの北側に陣を張る。

P10507522.jpg

暮れてくるとますますお参りの人はふえてくる。

P1050753.jpg

午後7時、堂童子がかかげる三度の案内の小松明が登廊を駆け上り、駆け下りたあと、

P1050761.jpg

練行衆をみちびくお松明がゆっくり、ゆっくり、登廊をのぼってくる。

P1050777.jpg

かくて釣りにうち興じ、実忠和尚の諸神13700余座勧請に遅参せし、若狭国遠敷明神、これをうち悲しみ香水(こうずい)を湧かせて献上せむと約せり。

P1050781.jpg

たちまち黒と白の鵜、飛び立ちその地に甘泉わきだし、これを石で畳みて井戸となす。
これ若狭井の伝承なり。

P1050801.jpg

その黒と白の鵜、いまも井戸のある閼伽井屋の屋根にとまりて、これを守れる。

P1050787.jpg

人々がお松明にみとれているうちにも、練行衆が次々と入堂する際の差懸(さしかけ:はきもの)のトーントーントントントトト、、という音が聞こえる。

P1050788.jpg

世の人々に代わり、観音菩薩におこなう悔過(けか:罪の懺悔告白)、その功徳により天下泰安、万民豊楽、五穀豊穣を祈る。
火とそのむこうにおられる練行衆にむかい手を合わせる。
日ごろ無宗教なれど。(無神論者ではない)

P1050794.jpg

10本目のお松明が終わると、お松明の燃えさしをいっせいに拾う。
お堂の下で消火作業にあたるおじさんに「おじさ〜ん、こっちへほうって〜。」
「おじさんぢゃない!」すかさず「おにいさ〜ん!」

P1050806.jpg

今年も隣近所に配るほど(?!)ゲット。焼けた杉の焦げたよい匂いがあたりを浄化するような気がする。

P1050809.jpg

二月堂真下、良弁杉のかたわらにある興成社。
修二会の最初と最後に練行衆がお参りされる三社(興成神社・飯道神社・遠敷神社)のうちのひとつ。若狭井の鵜を祀ったお社。

P1050813.jpg

ついさきほど、灼熱の巨大なお松明がゆらゆらのぼった登廊。

P1050815.jpg

湯屋(湯殿、調菜・湯の調達を行う場所)を背景に、東大寺のあちこちにはりめぐらされた結界。

P1050819.jpg

本堂にのぼってみはるかす夜の奈良市街。

P10508202.jpg


祈りの灯。

P1050822.jpg

二月堂のシンボル、大きな瓜灯籠。

P1050826.jpg

二月堂茶所にて、お茶をいただき、

P1050832.jpg

お堂を後に、暗い道を宿へ帰り、

一休みして、また夜に再出陣(?!)に備ふ。


関連記事

● COMMENT ●

しぇる様
寒い中、奈良まで来られて、お疲れ様でした。
私の拙宅は、二月堂まで近鉄奈良駅まで12分ほどのところにあり、以前は修二会中に
深夜一時から二時頃に車でも、何度か練行衆の行を観に出かけたことがあります。
この時間でも、熱心な信者さんが回廊の房で行を見守っておられました。
クライマックスのお水取りは12日の深夜から13日にかけて行われるのですが、
この後、14日までお松明の行事は行われる事を御存じない方が案外多いですね。
この行事が満して、寒い日々もありますが、漸く春の到来を迎える自覚が出来るようです。

narahimuro 様

そんなところに私が住んでいたら、毎日でも夜中でもでかけてしまいますわ〜!
今は行ける日程は選択の余地がない状態なので、毎年おなじような行を見ています。韃靼とか、過去帳読み上げとか、ほんとうは聴聞したいのですがね。
修二会も1200年以上、かわらないということは尊いことだと思います。私も毎年いけることがありがたいことだと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/56-17418770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

修二会2013・その2〜礼堂に香水を参らせ «  | BLOG TOP |  » 天神さんの梅見と北野界隈さんぽ

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (9)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR