topimage

2017-11

船岡山〜建勲神社 - 2015.11.24 Tue

PB2000883.jpg


今宮神社は、あぶり餅に惹かれてけっこう足繁く訪れているが、お向かいの船岡山にはまだ登ったことがない。


PB2000893.jpg



船岡山は北区の西の方にあるこんもりとした丘で、平安京の造営時に四神相応の北=玄武にあてられた由緒ある?場所。
北大路通りには船岡山にある「建勲神社参道」の石柱がたっており、学生時代からよく見ていたのだが、あまりご縁がなくて。

今日は時間もあるし、近くに来たので行ってみよう。



PB2000703.jpg


山に登ろうと一足踏み入れると、すぐムッと山と水の匂いと冷気。これは左京区で言ったら吉田山だな。山に神社も(吉田神社)あるし。
ここは(京都人が先の大戦という^_^;)応仁の乱の時に西軍が陣をはった船岡山城の跡でもある。(「西陣」の名前の由来ね)



PB2000737.jpg



船岡山の三角点のある場所は公園になっており、まあ、眺めのよろしいこと!
こちら左大文字!


PB2000863.jpg



少し遠景になるが大文字(左京区の方)。
ここは8月の五山送り火のときのベストスポットでもあるんだそうな。この日は人っ子ひとりいなかったが、当日はすごい人出になるそうな。



PB2000763.jpg



市中の眺望もある。



PB2000793.jpg


さらにはるか遠景に京都タワーも。



PB2000813.jpg



さて、船岡山にある建勲神社。ご祭神はなんとあの織田信長!

ちなみに「別格官幣社」とは国につくした人を祭神として祀る社格。(もともと神様でない)

船岡山はかつて秀吉によって信長の廟所としてされてはいたが、のちに明治天皇によって神社建造が定められ明治3年建てられたのだそうだ。なぜ信長が神格化?と思わないではないが、日本が長いこと侵略をうけなかったのは信長による天下統一のおかげ、ということらしい。


PB2000823.jpg



境内に入ると「人間50年 下天のうちを くらぶれば、、、」の有名な「敦盛」の一節が。



PB2000833.jpg


ご覧の通り静かな境内だが、信長が入洛した10月19日は毎年船岡大祭がおこなわれ火縄銃の演武などもあり、たいそうにぎわうのだそうだ。「敦盛」の仕舞も披露されるらしい。



PB2000843.jpg



境内のあちこちにさすが織田家の木瓜紋。お参りして帰る。


船岡の名前は通りの名や船岡温泉などの地名でなじみはあるものの、ついぞいったことのなかった船岡山、やっと行くことがデキマシタ。


<おまけ>


PB2000683.jpg


大徳寺塔頭玉林院前にある皐蘆庵茶補さん。ここの葦簀遮光の濃茶、まろやかで愛用している。ここのお兄さん、自分で茶園をもっていて茶を栽培していて碾茶もここで挽いている。日本茶カフェとしてもいい雰囲気で利用できるのでオススメ。


関連記事

● COMMENT ●

船岡山というと

「船岡山の後、長坂の奥」を連想してしまいます。私が患っている古筆病は古筆の付喪神さまがついているからかもしれません。

N様

長坂の奥ってなにかしら???と思ったら付喪神の住み家だったんですね。
勉強になりますわ〜。
調べたら鷹ヶ峰の北の方、あそこから一条通りへくりだしてたのね。少々遠いけど。
古筆の付喪神さんはお宅へ住み着いておられるのですね(^_^;

船岡山も初

しぇる 様

今年の船岡大祭行ってきました!
平日だと言うのに結構な人出で、現場は少々混乱していました。
関係者のオジサマ方が「今年は宣伝のしすぎや~」とぼやいておられましたよ(^_^;)
火縄銃はありませんでしたが、小鍛冶や放鷹術などが奉納されました。
そして、初!今宮神社&あぶり餅デビューも果たしたので、先日からの記事を楽しく拝見しておりました。(トップの画像も含めて♪)
光悦寺にも初めて行きましたが、人が少なく、眺めも良く、とても気に入りました。
思い立った時に(行こうと思えば)行けるしぇる様が、とても羨ましいです!

ふかみ様

船岡大祭行かれたのですね。
私はそんな祭礼があることもこの時まで知りませんでした。
京都はまだまだ深いです。
あぶり餅、おいしいですよね!今宮さんの前をとおるとどおしても素通りできない!
市内に住んでいるのはありがたいのですが、どうしても用事の合間をぬっての京都めぐりなので、できれば一日観光だけの日を作りたいと前から思っているのですが、、、、

先日「敦盛」を見ましたが、信長が歌った「人生五十年~」は、同時期に流行った幸若舞なので、能では出て来ないとのこと、残念でした。

皐蘆庵茶補さんの江戸千家教室の先生はBMのWさんですよ。こちらのブログの大ファンの、あの方です。

そらいろつばめ様

あらま〜〜〜!!
W様のお弟子さんだったとは!
(まいどおなじみですが)茶の湯の世界は狭すぎてコワイ〜〜!

あの人間50年、、、って謡の歌詞としてはなじまないなあ、と思っていたのですがやっぱり謡曲ではでてこないのね。

ええと、Wさんはご主人に教えているのではなくて、そちらの茶道教室を担当なさっているのだと思いま~す。
私はまだ行ったことがないのですが、カフェにはぜひ行ってみなくてはね。

そらいろつばめ様

今HP見て納得!
そうか、あそこで江戸千家の教室をしてはるんですね。
いずれにせよ世間は狭い、、、、


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/570-382bbe16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜咄〜西行庵 «  | BLOG TOP |  » (他人ちで)火鉢用の藁灰を作る

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (25)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR