topimage

2017-06

鮨まつもと〜祗園 - 2015.12.01 Tue

久々の月イチグルメ(会員2名)、お初の寿司屋さん。


PB2800013.jpg



この季節観光客でにぎわう花見小路もちょっと横道にはいると花街らしいしっとりとした雰囲気に。



PB2800023.jpg



なんだか久々にお店でお寿司が食べたい、、、というので選んだのがここ、鮨まつもとさん。
一見お店かどうかわからない、戸をあけるのにちょっとためらうたたずまいが京都らしいね。

とはいえ、こちらはお江戸は新橋の老舗鮨屋さんで修行された江戸前鮨のお店なのだ。
お店はカウンターとテーブル席がひとつだけで静かでおちつく。



IMG_15013.jpg



お酒をちびちびやりながら、つまみ+鮨のコースで。
くどいが例によって食材について記憶が〜〜、、、なのでごめんね。

これはおつまみの赤貝、鯛の昆布締め、あと何か(^_^;の貝。かるくお醤油か塩で。ここではお皿も楽しく美しく見せてくれました。



IMG_15023.jpg



左は迷いカツオ。太平洋を回遊せずに日本海近くに迷い込みそのまま居着いたカツオでより脂がのっておいしいのだそうだ。右は、、、なんやったかな、こちらも脂がよくのったこってり系の魚。

こちらでは魚は江戸前の名のとおり築地、それから明石からも直送されているそうだ。



IMG_15033.jpg



小吸物系の蛤のお出汁にわかめと底に雲丹が〜。



IMG_15043.jpg


鮟肝。
スミマセン、これだけは食べられず相方に食べてもらう。でもこの織部の小皿かわいい。

で、江戸前鮨とはなんぞや?
関西寿司とう違うのか?



IMG_15053.jpg



鯛の昆布締め?+イカ+コハダ
一つのサイズが小さくて一口でいける。


ものの本によると江戸前寿司は文字通り江戸湾でとれた魚を使った寿司、というが関西との違いはネタに一手間かけて醤油無しで食するタイプ、とある。たしかにこのコハダなんかもしっかり味がついていた。対して関西風は素材そのもので勝負、でネタそのままのが多いのだそうだ。



IMG_15063.jpg



ヅケ(マグロを醤油につけたもの)+中トロ

同じマグロでも全然違う味わい。



IMG_15083.jpg



海老+蛤


この蛤が下味が甘辛くついていてとっても美味しかった。このお皿も現代作家さんのものだそうだが、寿司が絵画のように映ってすてきやわ。



IMG_15103.jpg



、、、なんやったっけ??(見てご判断下さい)
ここらへんでお酒もまわっていい気持ち。お寿司はおいしいし。お寿司といえばネタが大きいのがいい、という風潮もあるけれど、私は手間の掛かった小ぶりのこんな鮨の方がええわ。



IMG_15133.jpg



最後の皿はイクラと穴子??+これが江戸前の卵焼き


この卵焼が甘いタイプなので、だし巻き系と違うのが私的にはうれしい。このお皿もやっぱりええわ。



IMG_15123.jpg



ぐい飲みは選ばせてもらえるのだが、すぐ目が行って手にとったこれ、先日東京でお姿を拝見した辻村史朗さんのでした。やっぱり。貫入も金継も枇杷色もええわ〜。



PB2800043.jpg



食事の後花見小路にでると、宵はまだまだつづく。たくさんの人でにぎわっておりました。酔い覚ましに歩いて帰宅。歩いて帰れるところに祗園があるなんてムフフ、、、。これぞ京都移住の醍醐味。



関連記事

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

京都のグルメは選択肢が多すぎて困ります〜。

いつも、楽しみによんでいます

こちらも、イチョウがきれいです。茶道検定1級、すごいですね。京都、お茶、いいですね。

いなかのおばさん様

イチョウは今年はきれいでしたね。もみじは、、、、もうダメかも。
茶道検定でほんまいろいろな事を勉強して楽しかったです。まだまだ知らないことの方が多いと思うこのごろ。

毎回の行動力、見習いたいです

いつも、楽しみに読んでます。

いなかのおばさん様

いえいえ、こちらこそありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/573-013c7403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

茶墨精粋〜正木美術館名品撰〜茶道資料館 «  | BLOG TOP |  » 齋號披露茶会〜根津美術館

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (17)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (21)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR