topimage

2017-06

大根だき2015〜千本釈迦堂 - 2015.12.12 Sat

この季節は大根だき食べたくなる。もともと12月8日の成道会(お釈迦様が悟りをひらかれた日。禅宗では臘八会とも)にあわせた行事で京都でもあちこちでおこなわれるが、行きやすさを考えるとやっぱり西陣の千本釈迦堂(大報恩寺)だなあ。


PC080016.jpg


ここの大根だきいただくのは2年ぶり。(昨年はどこへもいけず)お昼頃行ったらすでに長蛇の列。



PC080018.jpg



並んだけれど、大根だき授与はスムーズに手際よくおこなわれているので行列の進行はわりと早い。



PC080021.jpg



並んでいる間に門の上の見事な紅葉をながめたり、、、、(今年はおおかたの観光客が帰らはったあとがきれいだったんよ。)



PC080028.jpg


境内の大銀杏を眺めたり、、、飽きなかった。



PC080029.jpg


境内のあちこちで大根はいただける。(お持ち帰りもできる)

しかし大根だきはさっぶ〜い中、ほかほかの湯気を楽しみながらはふはふほおばるのがお約束だが、なんということか今年は暑いくらい(^_^; 風情はいまいちながら、中風封じの御利益はいただかないと。


PC080034.jpg



春には見事な枝垂れ桜の花を咲かせる阿亀桜も人が大勢なので、擦れていたまないように枝をところどころくくってもらっている。



PC080037.jpg



いつもはほとんど他の人に出会うこともない境内もお堂もこの日ばかりは賑わっている。
ちなみにこの金堂、国宝なんだよ、知ってた?13世紀に建てられた洛中最古の建築。ありがたやありがたや。



PC080038.jpg



行列にならんでいる間に献灯にこんな名前もみつけちゃった!
懐かし〜な〜。大学時代によく聞いた名前だわ。毀誉褒貶の激しい人だったけれど。(この名前でぴんと来た人はそれなりに古い人です)



PC080042.jpg



さあ、いよいよ順番がきた。大根はこんな大きな鍋でドラム缶で炊いている。


PC080049.jpg


こんなにたくさん炊いたらそりゃおいしいよね。一生懸命ご奉仕してくれているのはご近所の方々だろうか。



PC080045.jpg



でっかい大根3きれとおいしいお揚げさん。最高。おいし〜!大根は大きいが完食。



PC080050_20151211174338c01.jpg



大根だきは本来丸い大根である聖護院大根が使われていたが、生産が追いつかなくなって、食するのは普通の大根。ただし御利益ありそうな梵字を書いて(中風封じらしい)売られている生大根は聖護院大根。これを持って帰ってお家で食するのだ。でもきっとここで大鍋で炊いた大根の方がおいしいと思うよ。



PC080048.jpg



境内の床机をカバーする毛氈のいれものが「聖護院大根」だ(^_^;

境内の奥ではちいさな手作り市も開催されていた。



PC080053.jpg



阿亀桜の名前を献上した大工の女房、お亀さん。
悲話が伝わるが、現代ではどれだけの人が共感できるやら。(夫の名誉を守るため自害した)


さて、師走の京のイベント、ひとつこなしたぞ!
中風(卒中)になりませんように〜。



<おまけ>


毎朝落ち葉一つ無いように掃除に励んでいるのに、、、、、



IMG_1549_201512111744414f4.jpg



たった一晩の嵐でこんなことに〜(>_<)



IMG_1551.jpg



11月は全然赤くならなくて、やっときれいに色づいたと思ったらもうお別れですか〜?今年の紅葉。


関連記事

● COMMENT ●

12月上旬京都を留守にし先日戻って祇園白川あたりまで散歩しましたら、
鴨川沿いや白川沿いに赤々とした紅葉が残っているのでビックリ。
岡崎の方はどうですか ?
(これからは京都の紅葉、クリスマスやお正月と重なってくるのカナ? ←ヒトリゴト)

それなりに古い人様

祗園あたりと岡崎当たりはあまりかわりません。ここんとこ一気に紅葉して一気に落葉する、というあわただしさ。観光の方にはハードル高い紅葉でしたね。下鴨神社で最後の紅葉が楽しめるかもしれません。
蜷川さんのお名前に反応していただいてありがとうございます(^_^;

しぇるさん、こんにちは

この辺り、ロケーションも良いですね

大根で、ほくほく

身体が暖まりましたら

西陣界隈、ぶら~りってのもねー^^

私も大根炊きより蜷川の名前に反応した確実に古い人です。
蜷川幸雄さんが初めて商業演劇を手掛けられたとき、サインをもらいに行って
「蜷川虎三さんの御親戚ですか」と尋ねたことがあります。
親戚ではないがルーツは同じとか答えられたと思います。

大根炊きはやはり大鍋でしか出せない滋味ですね。私は鳴滝派でした。

高兄様

ここらへんは烏丸より西のエリアとしては一番よくいっている場所です。
あてもなく歩くのにほんにいい場所ですね。
ここらへんのカフェもあちこち開拓いたしましたよ(^-^)
しかし、、、大根おいしかった〜。

Mariko Ishii 様

ニナガワさんに反応、ありがとうございます(^_^;
ツイッターでつぶやいたら予想以上に反応がありました。やはり存在感の濃ゆいお方でしたね〜。
京都の公立高校の入試制度をいじったのもあの時代だったと。よかったのやらわるかったのやら。兵庫県も同じ方式でしたわ、確か。

来年は鳴滝ねらいます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/579-1cbaf3af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

師走雑記2015 «  | BLOG TOP |  » 茶をこよなく愛する茶人さんたちの楽しいおもしろい茶会〜その1から4まで

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (16)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (21)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR