topimage

2017-11

師走雑記2015 - 2015.12.14 Mon

師走のあれこれ。


PC060003.jpg



過日めったに行くことのない五条大橋のあたりへ出かけた。帰りに橋から見るこの建物、ビルを背景にひときわ異彩をはなつ。特に窓という窓に明かりが入る夜景がすばらしいのだが、いつもタクシーに乗ってるときに面白い建物やなあ、、、と思っていたので、せっかくここまで来たのだから表を見てみよう。



PC060004.jpg



正面玄関。宴会場でもあり宿泊もできる鶴清さん。



PC060005.jpg


まあ、凝った造りだ。昭和初期の建物という。総檜造りなんだそうな。



PC060006.jpg



玄関も格式のあるお寺の玄関みたいだわ。
ここは200畳の宴会場とか、夏ともなれば広い川床とかあるらしい。パンフレットをもらってきたらお二人様からと書いてあったので、いつかここでご飯食べしよう!とひそかに誓ったのであった。



PC060008.jpg



高瀬川で体をまるめる鴨たち。
鶴清から北へ向かう。四条以南の木屋町はほぼ未知の世界だ。しばし歩いてみよう。



PC060009.jpg



このあたりは住宅も多いらしく、飲み屋さんばかりの四条以北とはかなり雰囲気がちがってそこはかとなく風情がある。かつてここを高瀬舟が行き来したころに思いを馳せながら。



PC060011.jpg



あ、毎日同じ料理は一品としてださない、というのがコンセプトの有名な枝魯枝魯(ギロギロ)ってこんなところにあったのか。ここから独立しはったくずしよしよしさんには行ったことあるけれど。あの値段でこの内容!と思うくらいよかったが、いかんせんお店のキャパのせいか予約が取りにくい。



PC060012.jpg



高瀬川から少し離れた川と併走する通り。通りの名前は不明だが、やはり木屋町通りになるんだろうか。こんなところにこんなどこまでもいけるような通りがあったなんて。

ずんずん北上。すると四条通りの手前、ドンツキにあったのは、、、、



PC060013.jpg



おお〜っ!!
ほぼ濃茶!の濃ゆい抹茶かき氷を食べさせる甘味処・弥次喜多さんではないか!夏場に是非お試しあれ。(胃弱のかたにはおすすめしませんが)


ここで木屋町とはお別れ。


四条烏丸あたりのちょっと時間をはずしても大丈夫なランチどころを見つけたのでシェアします。



PC010003.jpg




場所は烏丸錦西入ル。「オレノパン」のとなりのビルだが、私的には祗園祭の占出山のあるあたり。


PC010001.jpg



階段をのぼってたどりつくカフェレストランルミエールさん。

日替わりランチを頼むと7〜8種類あるおばんざいの小皿2つと2種から選べるメインディッシュに味噌汁など。


PC010002.jpg



唐揚げのマリネがおいしかった。なによりここのありがたいのは11時〜16時まで通しでいただけること。京都にいる時間が変則的な私には午後2時頃からいったん閉まってしまうお店があまりにおおいのは残念なことのひとつなので、ここはありがたい。近くにご愛用の茶華道具館もあるし、せいぜい利用させてもらおう。



PC0400173.jpg



さて、これは先日の月初めの夕ざり茶事の時の写真である。うちの露地であるが、この時は楓があまり紅葉していない。


ところがほんの数日で、、、、


PC110003.jpg



見事な赤に。ただし一晩の嵐で前日落ち葉一つ無いように掃除したのが、、、、水の泡と帰した。



PC110009.jpg



途方に暮れている間にもはらはら、はらはら、、、散り積もる紅葉。積雪ならぬ積葉何㎝までいくかしら、、、、(T.T)



PC110013.jpg


しかしこの美しさは最高潮。
今年の京都の紅葉ははっきりいってよくなかった。予定を組んでこられた観光客の方には残念であったが、少し時期をはずせばかくも見事な紅葉を楽しめることもある。来年のご参考に。



PC110012.jpg



この日は小さな茶会をやった。濡れた落ち葉を風情としてみていただこう。お菓子は鶴屋吉信さんの「聖夜(たぶん、、)」。



初着



最後に身内ネタ。
これは3年前の初孫のお宮参り。このために初着をオリジナル手描き友禅で誂えた。(染工房・遊さんにて)



PB230087.jpg



今年無事3歳になって七五三に。この初着に肩上げおはしょり上げして、被布を着せた。これからも素直に健康にすくすく育ってほしいと願いをこめて。
(足元の運動靴はご愛嬌、、、^_^; )


関連記事

● COMMENT ●

しぇる様へ
12月も、つき半ば。事始も終わり、迎春の支度に取り掛からなければ
ならない日々を迎えています。
と言っても、殆ど、やってはいませんが・・・・・

ところで、鶴清さんですが、以前は鮒鶴と呼ばれた料理旅館では
ないでしょうか。
学生時代にはそのような屋号だったと記憶しています。

narahimuro様

来月がもう来年というのは実感がわきませんねえ。
手帳が二冊にまたがるのが少々めんどうです。
事始めはやはりおでかけになりましたか?(^_^;

鮒鶴さんはよく似ていますがもう少し北の方にある別の建物になります。
いまは結婚式場みたいですよ。

きゃあ、お孫ちゃん 可愛い! 微かに見える髪の毛も何だか女の子らしいわあ。
それに立ち方が、ワタシは自立してるわよって姿ですね~。さすが。
ウチのは今、あの青い長靴が、自分で履けるから大のお気に入りなんですよ。

枝魯枝魯から出た渋谷のお店に行ったことがあります。あのお値段でワインが飲み放題、キケンです。

そらいろつばめ様

三歳児はもうよくわかって言葉でも表現できるので、おもしろいです。
我が子の子育ての時はいっぱいいっぱいで楽しむ余裕なし、でしたが、孫はその点ゆっくり楽しめますね。
そちらのぼくちゃんも以前お会いしたときからもう1年、ずいぶんおおきくなられたことでしょう。
子供らは育ちますが、うちらはもう良くなる、ということがあまりないのが残念(^_^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/580-3dc91f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

町家で一福能〜新春を言祝ぐ〜第2回常の会 «  | BLOG TOP |  » 大根だき2015〜千本釈迦堂

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (25)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR