topimage

2017-06

疏水分線の小春〜野村美術館 - 2013.03.13 Wed

P1020724.jpg

疏水べりの桜の木は、つぼみはまだ硬いけれど、枝がほんのり桜色なんだね。その色がどっと吹き出す花の季節まであと一息。

P1020726.jpg

南禅寺界隈の某お屋敷の中に、東山をしょって立つ、見事な紅梅をみつけた。

P1020731.jpg

紅枝垂れが美しい碧雲荘と清流亭の間道、こちらの桜も枝がほんのり桜色。

P1020740.jpg

振り返ってみる。夏も秋も冬でさえ大好きなこの道。いわんや春においてをや。

P1020732.jpg

碧雲荘の脇の疏水分線。こちらも季節毎に違う顔を見せる大好きな散歩道。
ここにはね〜、あるんですよ、これがたくさん、、、(〃 ̄∇ ̄)ノ

P1020733_2.jpg

ちょっとまわりの景色にとけこんでめだたないですがね。

P1020737.jpg

これ、頭だけ出した状態の土筆ん坊です。
もう数日したらこのあたり、土筆でいっぱいになるかな。

P1020739.jpg

摘んでちぎるとさわやかな春の香りのするヨモギも豊作。摘んでかわかして、和風ポプリにでもしようかな。お風呂もいいかも♪

こんなふうに遊びながら疏水縁を歩いて、たどりついたのはこちら。

P1020734.jpg

野村美術館
今の展示は、お楽しみ♪でお楽しみ♪でしょうがない「茶人のあそび心 形物香合番付の世界」!

P1020735.jpg

と、入り口の前にたたずむ方ひとり。
なぜ中に入らないのかな〜?と思ったら、、、、

「閉館」!!の札が∑( ̄[] ̄;)!

うそうそ!きっちり午後4時で閉まるのね〜〜(ノ_・、)
疏水べりで遊びほうけてたばっかりに5分、、5分まにあわなかった!

P1020738.jpg

、、、、というわけで、香合の世界はまた今度ということに。しかたないので、帰りの道も疏水べりで遊んで帰りましたとさ。


(野村美術館の最終入館時間は午後4時です。4時半ではありませんのでご注意を!)

関連記事

● COMMENT ●

ようやく春が駆け足でやってきましたよね。
私もこの展覧会に行きたいと思っておりますので4時には間に合うように 寄り道は帰りにしまっす!クスッ!

しぇるさま

但馬ではつくしはまだですが、春は一気に来ましたね。東京の母の移動もどうにか無事に済み、こちらの義母の介護計画も一段進み、私の春もそこまで来ているような気配です。正反対の母親二人が手を取り合う姿は、私には何とも複雑なものですが、これもひとつの春の形なのでしょう。
野村は前期後期の以外にも入替えがあるらしいですから、何度でも行きたいですね。

うちのへんより緑豊かですね。
ヨモギは湯がいて刻み、白玉粉に合わせて茹でたら、缶詰あんこときなこをかけるだけで
よもぎ餅ができますよ。
ヨモギは家の近所にも生えてるけど、ワンコのしっこ処なんで、摘むのがためらわれる(笑)

そらいろのつばめ様
両方のお母様が手を取り合っている姿はどうであれ 微笑ましいです。
また 野村でお目にかかりましょう。

県外の者にはちょと辛いが、入れ替えがあるので最低2回は行かずばなるまい。
「小さな蕾」で見たところでは、青磁桃香合が可愛い気がします。

ひいらぎ様

はい、寄り道せずにまっすぐおいでください。(^_^;
でも寄り道なしというには、あまりに魅力的な散歩道ですよねえ。

そらいろつばめ様

いろいろとご苦労様です。
お目にかかるときはいつもそんな苦労など、みじんもお見せにならないのがすごいです。
おふたりのお母様がおちつかれますことをお祈りします。
お茶事にも心安らかに楽しくご参席していただけたらうれしいです。

ぽん様

簡単クッキング(?)の御指導、ありがとうございました!
ただし、このあたりもわんこの落とし物がよくあるので^_^;さすがに口にいれるのはためらわれます。
こんど、絶対安心なところで摘んできます!

relax 様

私も徒歩圏内なのに、なかなか行けません。(4時閉館はひどすぎっ!)
2回いけるかなあ。
昨年ソウルの国立博物館のミュージアムショップで青磁桃香合買いました。
まあ、野村さんのとは比べものになりませんが、好きなお題ですねえ。
明日、野村再チャレンジします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/59-28ff5e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

社中で茶飯釜の茶事 «  | BLOG TOP |  » 修二会2013・その3〜日中上堂

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (17)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (21)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR