topimage

2017-07

裏千家近畿地区大会記念茶会 - 2013.03.18 Mon

一昨年の震災で中止になった裏千家近畿地区大会第50回の分と合同で第51回が京都でひらかれました。

P1020747.jpg

この手の会合は、ほんに末端も末端の私のような弟子にはあまり関わり合いがないので、なるべく避けていたのですが、今回いろいろと事情がありまして( ̄ω ̄;)、参加させられるはめにさせていただきました。

P1020749.jpg

会場は宝ヶ池の京都国際会議場とお隣のグランドプリンスホテル。

P1020753.jpg

この国際会議場はいつみても「ガンダム」だなあ。

P1020756.jpg

ここは学会でよく来ているので、いつもはじみ〜なスーツのおっさん、おばさんがうようよしている姿ばかりが印象にあるのですが、この時ばかりは艶やかなお着物姿がた〜くさん。
なんだか違和感を覚えつつも、きれいな着物姿を拝見するのは楽しいですね(⌒-⌒)

P1020758.jpg

ここからの宝ヶ池の眺めもいいのです。桜の季節はもっとすばらしいの。

さて、大会の方はさておき、レセプションの立礼茶会と翌日の大徳寺での記念茶会はとても楽しめました。

P1020752.jpg

ホテルの広いバンケットルームでは学校茶道部や青年部のメンバーが各テーブル毎に趣向をこらして立礼席を。
まあ、すごい人です。とても茶道人口が減っているとは思えないくらい。そんな中で横浜の茶友と同じテーブルになったのは奇跡的な確率だと思うわ。

P1020751.jpg

私たちが座ったテーブルは、とある学校茶道部の高校生のお嬢ちゃん方のお席。室礼はインド更紗のようなテーブルクロスに茶器はタイのベンジャロン焼、建水はカンボジアの銀製、茶碗は安南(ベトナム)にトルコ製。
テーマはズバリ「Asia」ね。

高校生くらいの若いうちに茶道に触れる機会があったお嬢さん方は、一時お茶から離れてもまたいつか懐かしくて茶の世界にもどって、さらなる深みをめざす人も多いのではないかしら。かくいう私も大学の時の経験が忘れられず舞い戻りました。若い頃の経験はほんとに一つも無駄がないように思います。

さて、翌日は場所を大徳寺に移して。

P1020770.jpg

参加者が多いため、会場の塔頭もコース分けして時間も分けて設定されたようですが、結局どこへいっても長蛇の列の大盛況でしたが。
私のコースは濃茶席・総見院、薄茶席・三玄院、+点心席(瑞雲軒)でした。

まずは比較的すいていそうな薄茶席から。
お雛様の室礼で、釣り釜、徒然棚、雪洞に見える青磁の水指など。やっぱり目が釘付けになるのは高麗の蕎麦茶碗。平茶碗に似た形で、なぜ蕎麦、、といわれるかは諸説あるようです。とても渋い(* ̄∇ ̄*)いいっ!

P1020767.jpg

待合で見た襖ですが、きらきらの雲英の桐文唐紙なのに、その上に絵が描いてある感じが異様で、これは見覚えあるぞ。かの等伯が、住職が不在の時に勝手に襖に絵を描いた、というあれに似てる、、、と思ったら、やっぱりあれはこの三玄院の話だったのね。後で調べてわかりました。(でも多分おいてあるのはレプリカかな)

ちなみに庭にあるこの「無量寿の塔」は淡々斎が裏千家物故会員の慰霊のために建立したもの。揮毫は後藤瑞厳老師。宗旦が幼い頃、この三玄院で喝食をしていたこともあり、千家ゆかりの塔頭なのですね。

P1020768.jpg

三玄院の庭でみつけた蕗の薹。
ここには石田三成や古田織部の墓もあるのです。

P1020772.jpg

濃茶席の総見院では、ならびました。1時間余。門からあぶれて、しかも春のけっこう強い陽射しにあぶられながら。(@Д@;

P1020775.jpg

総見院は、秀吉が総見院様こと信長の菩提を弔うため建立し、葬儀を大々的におこなったところ。(その実、権力デモンストレーションだったため、信長の遺灰すらなかったという有名な話あり)
ここはいつもは非公開ですが、よく特別公開されるので、なんどか行ったことがあります。加藤清正が朝鮮から持ち帰った石で作った井戸とか、秀吉遺愛の樹齢400年の侘助などけっこう見所あります。

こちらも高麗の呉器がでてましたね〜(*T▽T*)、、、渋いっ!!いいっ!!
濃茶席ともなると、点てだしのお茶碗も黒織部だとか、刷毛目とか渋、渋、、、のオンパレードでうれしいな。
どうしてもきれいな色絵には目がいかんのよ。

P1020778.jpg

お菓子は末富さんのきんとん。柳の芽の色、ほんのり淡い桜色、季節の色ですねえ。目にもごちそう。例によってボリュームもたっぷり。

P1020763.jpg

瑞雲軒では点心をいただく。

P1020765.jpg

たん熊北店さんのものと、井傳さんのもの。中味はほぼいっしょだと思うけれど、同行者の話では卵焼きのふわふわ度がちがう、とのこと(^_^;
けっこうボリュームあって完食できず。

P1020760.jpg

また三千家の菩提所でもあり、利休さんの眠る聚光院の墓参もできたようです。(時間なくてスルー)

晴れやかな陽光の下、大徳寺の塔頭をぶらぶらめぐりながら、お茶をいただく、、、う〜ん、毎日がこんなだといいのに♪ヘ(゚∇゚ヘ)



関連記事

● COMMENT ●

はじめまして

いつか京都に住みたい私、
うっとりしながら楽しませていただいています。
いいブログですねv-238
(以前知人が登場していて驚きました!)

TOPの画像が!!!!!、お腹をもふもふしたいです~ハァハァ

京都国際会議場、学生の時に見学に行きました。京都なのに近代的だなぁと思いつつ、でもどことなく古代日本の建築を取り入れてるのかなと思ったりしました。

しぇるさま

しぇるさまも行ってらしたのですね。大会が苦手が私も今回が初めて。
昨年助教の許状を戴いたので、師の薦めを断る訳には参りません。但馬からは貸切バスで二日間団体行動と聞いてどうしようと思いましたが、土曜日は東京に所用があって、二日目だけの参加にしました。
遅がけに行ったので最後のお席にスイスイと入ることができました。私は聚光院と芳春院のコースで、重厚な御所丸と伊羅保(たぶん)が出たので、これだけでも行った甲斐ありでした。待ってる間に閑隠席と枡床席を拝見できたのもラッキーでした。
私の点心は木乃婦、本当にぎっしり入っていましたね。

こんばんは、しぇる様

今日は病院の前に御所に寄り道してきました!
まさかのここ数日の陽気のお蔭か、桜咲き始めましたよ!
詳しくは拙ブログにて。

トップのもふもふお腹のシェルさん、かわゆいですねぇ~。きゅーん。
そして、お写真でお茶の皆様の意気込みが感じられます。
私も、4月よりお裏さんの初心者コースを習い始めることにしました。
皆様の末席に。諸先輩方、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
初めてのお教室にドキドキです。

志織子様

はじめまして。
おほめいただき恐縮、うれしいです。
え?ご知人さんが?
どなたかしら???なるべく顔出ししないように気をつけてはいるのですが〜( ̄□ ̄;)

しん様

このモフモフもまもなく夏毛にかわるためにぬけそうです。冬場は堪能しました。=^-^=

国際会議場、昭和41年の竣工と意外と古い!合掌造りを取り入れた、と書いてありますが、合掌屋根をそのままひっくりかえした、、、、んでしょうかね??

そらいろつばめ様

あら〜!!おいでになってたんですか?
あわててプログラムを見たら、ホント、準教のところにお名前が出ていました!
(実は私も茶名のところに、、、、)
聚光院、芳春院も行きたかったですね〜。選択の余地がないのは残念でした。茶友のWさんもそのコースだったと思いますが、すれちがいもしませんでした。大勢のかたでしたものね。
そちらもやはり高麗茶碗でしたか。今も昔もやっぱり人気。
贅沢をいえば、もう少し一席の人数がぎゅうぎゅうでなければなあ、、、、

いけこ様

いよいよいけこ様の桜情報速報が今年もはじまりましたね〜(*^^*)
あら?! 近衛邸跡の桜がもうこんなに?いそいで行かなくては!

まあ、いけこ様もお茶友に?お仲間が増えてうれしいですわ〜。
絶対いけこ様にはお茶が似合うと、前から思っていましたもの。お茶席でのお着物姿は板についてすてきでしょうねえv-10

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

あら〜、、、そうでしたか。そちらの方もされているのですね。いいな〜。私もせめて仕舞などでも習いたいのですが今の生活では無理、リタイヤ後には、と思っています。
27日のそのイベントは実はチェックしていました。残念ながら都合が付かず断念しました。(T_T)
たまたまランキングを見ていたらタイトルを発見、もしかして、と思い訪問しました。アタリ!でした。着物がとてもすてきなので、ブックマークさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/61-08ff1789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

茶庭の春 «  | BLOG TOP |  » 社中で茶飯釜の茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (16)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR