topimage

2017-06

吉田山大茶会2016 - 2016.06.02 Thu

P5290028.jpg



吉田神社でくりひろげられる吉田山大茶会も今年で7回目だそうだ。




IMG_2605.jpg



吉田山と言えば昔も今もわがテリトリー(そうなのか???)、若干雨模様ながら2年ぶりででかけてみた。



IMG_2607.jpg



毎年ブースがふえているような気がする。主催が中国茶の団体なので中国茶がメインながら、宇治茶や韓国茶、ベトナム茶、インドのチャイ、アフリカのお茶のブースまである。



IMG_2608_201605311858577e4.jpg



蛸薬師東洞院にある中国茶サロン岩茶房(福建省武夷山の無農薬岩茶をあつかっているお店)さんのブースもあるのでよっていろんな岩茶を試飲してみる。武夷山の岩茶は基本烏龍茶、そのなかでもとれた場所や季節、時間によってさまざまな種類があるんだとか。




P5290038.jpg




「中国名茶館」などの著書もある岩茶房主催者の左能 典代さんのスモールトークもあり。



P5290037.jpg



岩茶房さんの丹波の支店になることりさんで「一日茶」を。



P5290034.jpg



「一日茶」とはなんぞや。
一日いてもいい席で、次々といれてくださる六種のお茶をちいさな杯で楽しめるというもの。本日の六種はこちら。



P5290031.jpg



それぞれのお茶の一煎目と二煎目も少々ちがうので、実際には六種以上のお茶をいただいた感じ。烏龍茶は香りがすばらしいので、飲み干したあと、かならず杯に残る香りを楽しむのを忘れずに。




P5290036.jpg



目の前は吉田神社の若宮社。ここでは時間毎に笙と能管の演奏もされており、また茶所のあたりでは二胡の演奏もされていて、雰囲気はもりあがる。
ここで1時間くらいちびちび飲んでは(お酒じゃないよ)景色を見てなごんですごした。ほんとに京都って良い場所がいくらでもあるなあ。




P5290048.jpg



若宮社にのぼって見わたしたところ。



P5290041.jpg



さて、次はどこへいこうか。(若干おなかタプタプながら、、、)
たくさんの中国茶ブースがそれぞれのカラーで茶会をしていて楽しそうなので、迷う、迷う。




P5290045.jpg



お茶だけでなく手作り市風のお店もでている。



IMG_2606.jpg



あ、ここなんかよさそう。

券を手に入れて約1時間待つ。まあ、吉田山は広いのであちこち時間つぶしの場所には事欠かない。岩茶房さんで売っていた肉まんなどかじりながら山をぶらぶら。



IMG_2614.jpg



奈良で出張茶館をしている囍茶さんの席だった。
お茶は月光白という雲南省のお茶。

花が大山蓮華!奈良の山に自生しているんだって。




IMG_2615.jpg



蓮の実の甘納豆(これベトナムでよく食べたわ)をいただきながら。


月光白とは白茶(微発酵茶)に属して、かつては月の光の下で摘んで月の光で微発酵させたというお茶。なのに風味が黒茶(徹底的に発酵)のプーアール茶に似ているのはとても不思議だと囍茶さんもおっしゃる。

もともとの茶樹はそれほどかわらないと思うのに、製茶方法の違いがあるにせよ、ほんとうに日本茶と中国茶の違いにはいつもながらびっくりする。



IMG_2616.jpg



茶葉だけでなく茶器ひとつひとつにもこだわりがある作家さんのもの。唯一杯が江戸時代の古い物。いずれもすてきであった。



IMG_2610_20160531185859108.jpg



さてさて、抹茶ブースも負けていないが、、、、え?(◎-◎;)!!

為さんの運転庵(軽トラの上にほんまに小間の茶室がのっている)もびっくり!!の軽トラ茶席。
テント、自在で吊った釜、小箪笥に替え茶碗、ユキノシタの苔玉の花が可憐。



P5290044.jpg



なんといっても気になるのが炉。
ほんまに灰と炭使ってられるが、この下どうなってんの???(一説に耐熱材ひいてるんちゃうかと??)

あ、水指もいいよね!!







関連記事

● COMMENT ●

こんばんは

軽トラの運転庵!凄い!!
楽しそうですね~
女にはちょっと真似できないなあ。。。なんかくやしい。(笑)

cox様

この頃京都はおもしろいお茶をする人が増えてきました。
軽トラは無理としても、野点でおもしろいお茶ができないかな〜と思っています。
もちろん正式な茶事も捨てがたいけどね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/666-56c2c9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甘茶の寺〜建仁寺・霊源院 «  | BLOG TOP |  » comme ci comme ça

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (17)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (21)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR