topimage

2017-06

ちょっと遠方SAKURAハンティング〜大山崎山荘 - 2013.03.30 Sat

あまりにもどこの桜も美しくて、あまりにも花の命は短いから、おおいそぎであちこち駆けまわっていたのは去年まで。駆け足すぎて、どの桜ともちゃんと心の対話できないようでは、桜狩りの資格はないわ。だから身内の桜(生活圏内の桜)だけ愛でて、名所は1年に一カ所くらいにしようと昨年心に誓いました。

身内の桜は、その多くを昨日のブログ記事にしました。でも身内で唯一物理的に離れた場所にある桜があるんです。

P1060094.jpg

毎年恒例、春と秋におこなわれる中国茶会にたびたび訪れ、お気に入りの場所の一つ、大山崎山荘
(ちなみに今年も5月18,19日に中国茶会ありますよ〜)

P1060093.jpg

山荘入り口あたりの椿。

JR山崎駅からも阪急大山崎駅からも送迎バスがでていますが、私はけっこうきつい坂道を歩いて登ります。登れるうちは自分の足で。

P1060098.jpg

山荘の門をくぐりしばらく行くと、え?
もう桜吹雪?

P1060122.jpg

ふりかえれば大きな枝垂れ桜が静かに花びらを降らしていました。その下にたたずむこの幸せ。

P1060100.jpg

山荘のテラスから見下ろせる位置にある広場の桜。

P1060101.jpg

少々曇り空で、写真ではきれいな色が再現できないのが残念。

P1060109.jpg

山荘入り口正面にあるおおきな白木蓮。

P1060115.jpg

仏様が救いのためにさしのべた手のようにも。

P1060110.jpg

さて、この山荘、加賀正太郎の夢の跡。
彼は民藝を愛した人でしたので、民藝運動にからんだコレクションを中でみることができます。
この日は河井寛次郎、バーナード・リーチ、ルーシー・リー、それに李朝白磁など。

でも私はまっすぐに2回のテラスにかけのぼります。
そう、山荘の桜もよいけれど、一番見たい桜は、、、、

P1060111.jpg

山荘のテラスからの絶景はなんといっても木津川、宇治川、桂川の三川が合流して淀川になる一大スペクタクル。

P1060113.jpg

木津川と宇治川を分ける「背割堤」の桜並木!

2年越しでやっと会うことがかないました。
早速、、、

P1060114.jpg

この眺めをめでつついただく一杯の黒ビール。
(銘柄はもちろんアサヒ。だって正式名称はアサヒビール大山崎山荘美術館だもの)

これこれ!
これがやりたかったんだ!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
やっと夢がかないましたね。

P1060124.jpg

ここのお庭にはスミレもたくさん咲いているのです。スミレにふりかかる桜のはなびら。
(ピント外しました!ごめんなさいm(_ _;m) )

一番遠方にある、身内の桜と対話した後は、運よくあいていた阪急大山崎駅前の人気レストランハーミット・グリーンカフェでランチを。
(ようするに昼飯前にビールきこしめしてたわけね^_^; )

P1020874.jpg

ちなみにHermitgreenとはハチドリの1種だそう。

P1020875.jpg

1200円のランチセットは前菜、スープ、サラダがついてとてもリーズナブルだし、器も盛りつけもちょっとおしゃれ。この菜の花のテリーヌ、春の香りでおいしかった。

P1020877.jpg

きれいなグリーンのなた豆(?)モロッコインゲンが春らしくていいですね。




関連記事

● COMMENT ●

しぇる様

うちの近くまで桜を愛でにおいでだったのですね。近くて私はなかなかいかないのです。京都ばかりです。
美味しそうな店が大山崎駅近くにあるのですね。一度行ってみないといけませんね。

見事な景色!!
早く足を治して、春と秋、歩いてゆっくり行きたいです。
基本色んな物を見ながら歩くのが大好きなのです。

ビールきこしめしてた・・・??何となく意味わかるけど、初めて聞いた

大山崎といえば2月に探訪ツアーに参加しました
その時、橡の木茶屋の石の床に炉があると学芸員の方から説明を受けました 
どの様に使ったのか、学芸員の方はわからないという話でした

立礼で床に炉? とても不思議で、しょうがありません

その緑色の豆は、モロッコインゲンちゃう?
これからの季節、あの小高いとこまで上がって飲むビールは格別ですね。
4月27日に、聴竹居の無料公開があるので、行ってこうようっと。
しぇるさんはあそこ、行かれました?

ひいらぎ様

そういえばお宅の比較的近くになりますね。
ここの建物もすてきなら、庭園も、コレクションも好みで行きつけてます。
テラスでビールはお約束(^o^)

夢風庵様

また行きましょう、茶杯もって。
送迎バスを使えば無理はそれほどないと思います。

きこしめす、、、は本来は召し上がる、の敬語で、ヨッパライによく使う言葉なんですが、地方性あり??

かめかめ様

トチノキ茶屋でなんどか中国茶をいただいているんですが、その炉については全然記憶がありません。
今度行ったときに確認してみますね。でも学芸員さんがわからないようでは、加賀正太郎本人に聞かないと、目的はわからないですよねえ。

ぽん様

行きたい行きたいと思いながら行く機会をず〜っと逸しています、聴竹居。(27日も無理だ〜。)
またレポ楽しみにしています。建築学的にとても面白いらしいですね。

なるほど、モロッコインゲン!実ははじめて名前聞いた野菜です。さすが野菜ソムリエ。
書き直しておきました。ありがと〜。

古典にもちゃんと出てくる言葉でした。尊敬語に弱い。

夢風庵様

(;^_^A、、、、


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/67-66bbe9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜・SAKURAハンティング «  | BLOG TOP |  » ご近所SAKURA ハンティング

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (18)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2017 (1)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (21)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR