topimage

2017-05

漢検・漢字博物館・図書館 - 2016.07.07 Thu

祇園の弥栄中学跡地(八坂神社目の前)に何が立つのかな?と思っていたら、、、



P7050031.jpg



なんと漢検・漢字博物館・図書館!略して漢字ミュージアム。


ここに中学校があった頃は祇園のど真ん中に学校かあ、、、と思ったものだが。(H23統廃合で閉校)
余談だが、木屋町の飲屋街のど真ん中にあった立誠小学校も、こんなところに小学校!と思ったものだが。残念ながらこちらも統廃合されなくなってしまった。(立誠は建物は保存され、今も明倫と並んでいい感じに使われているよん)




P7050032.jpg



話を元に戻して、、、この漢字ミュージアム、漢字検定協会が創設したもの。コンセプトは大人にも子供にも漢字にもっと親しんでもらおう、、、ということらしい。



P7050033.jpg




1Fに昨年の「今年の漢字」、「安」がおでむかえ。





P7050035.jpg



ハイテクを駆使していろいろ体験ができるのが売り。みるところ対象は主に小学生〜中学生かな。とはいえ、昨今手で字を書く機会が減った大人にも勉強になること多し。



P7050037.jpg



亀甲文字占いとして、入館時にもらったパンフの一部をこすると文字がでてくるコーナーや、万葉仮名で自分の名前をスタンプしてみよう、とか外国の名前を漢字で書いたスタンプをそれぞれの国旗の横におしていくとか、大人でもけっこうはまるかもよ。
ちなみに「濠太剌利」がオーストラリアの漢字とは知っているようでしらなかったわ。




P7050038.jpg




象形文字〜亀甲文字〜からどんなふうに漢字が生まれたのか、漢字を記したものが亀の甲羅から木片、金属片〜紙にかわっていく歴史など、実物を(レプリカ)見てさわってお勉強。




P7050039.jpg



むか〜し、歴史で習ったことがあるような。




P7050042.jpg




これは「日中韓」3国で共通で使われている漢字808文字が葉っぱにつるされています。
韓国はもう随分前に漢字を捨てちゃったし、中国の漢字は簡体字になって、原型をとどめていないものもあるし、発祥の地は中国だけれど、日本が一番昔の漢字の形をたくさんとどめている国ではなかろうか。

ミニシアターでも言っていたが、これだけたくさんの文字を駆使して表現する言語もめずらしいそうだ。(アルファベットなんてたった26文字だもんね)



P7050043.jpg




2Fとの吹き抜けに漢字五万字タワーが!これは迫力ある。
大きい文字は教育漢字、当用漢字らしい。





P7050045.jpg




これが二階まで続くのだが、いや〜、、、見たこともない漢字もいっぱいあるわ。どんな意味なのかも想像もつかん、、、




P7050049.jpg



2Fはさらにクイズやゲーム感覚で漢字と遊べるコーナー。
漢検準一級受験を志したことのある私には簡単、、、、って、準一級はむつかしすぎて挫折シマシタ(。-_-。)




P7050051.jpg




寿司屋でおなじみ魚の漢字の湯のみ、巨大版。
この後ろに寿司ネタの魚の漢字を当てようクイズもありました。(金の皿5枚ゲット!←回転寿しの難しい漢字のネタ5問全問正解という意味よ)

他にもこの部首の漢字は?とか体で漢字を作ってみようとか、親子で楽しめそう。




P7050055.jpg



漢字に関する書籍ばかりあつめた図書館も居心地よさげだった。



P7050056.jpg




日常使う道具の漢字の引き出しにそれぞれ現物が入っている。「束子」の引き出しにタワシが入っているのはわかるが、「炬燵」にどうやってこたつをいれるのか?と思ったらミニチュアがちゃんとはいっていた!





P7050058.jpg




入館記念にもらった鉛筆には万葉文字で

「与宇己曽加无之”波久不”川加无部」

「ようこそかんじはくぶつかんへ」


濁点がついてるところが泣かせる。




P7050059.jpg



ちなみにトイレの表示もなんだか象形文字っぽい(^∇^)





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/688-2038b736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白峯神宮・七夕祭〜小町をどり 2016 «  | BLOG TOP |  » 鷹ヶ峰常照寺〜遺芳庵月釜

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (203)
茶事(亭主) (23)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (14)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (34)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (20)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR