topimage

2017-11

京釜鑑賞茶会〜大西清右衛門美術館+うめぞのさん - 2012.12.06 Thu

大西清右衛門美術館では年に2回茶釜鑑賞茶会を開催しています。

他の茶道具と同じくご多分に漏れず、いつもはガラスの向こうでしか見ることのできない名物茶釜。
大事にしすぎてガラスの向こうにおくことで、一般人に敷居を高く間口を狭くしたことへの危機感をやはり大西さんも(楽さんと同じく)感じておられるのでしょう。

そんな本でしかみたことのないような釜をこの手でなでくりまわせる貴重なチャンス!
しかも大西さんのお点前付き!

P1010546.jpg

なので一つ紋を着て、はりきってでかけました。

(しかしですねえ、本日は釜が主役なのに釜の写真は1枚もありません。アシカラズ)

P1010553.jpg

三条新町あたり、その地名も釜座(かまんざ)。
九州の芦屋釜、関東の天明釜、ときてそのあとに隆盛をきわめたのが京釜。
その釜師が多く住んだ町がそのまま町名になっています。

P1010555.jpg


大西家はいわずとしれた千家十職の釜師ですが、17世紀初頭、初代浄林が京へ上洛し、三条釜座の座人になったのが始まりだそうです。
当代で16代。私よりちょ〜っとお若い。

美術館内にあるお茶室でまずは大西さんのお点前にて一服。
表さんのようです。
お道具も表千家の歴代家元の書付が多く、ちょっと名前をきいただけではいつごろの方なのか全然わからない。

とりあえず軸は吸江斎(表千家10代幕末のころの家元)の「三冬枯木花」。
三冬とは陰暦10月から12月の三ヶ月をさします。
お菓子は亀末廣さんのきんとん「初霜」。
主茶碗は后熊川「雪曇」、替えは楽五代宗入の黒楽。

大西さんのお点前はなんだか飄々としていて、楽さんのお点前とも味がちがいます。
どちらもお人柄がでています。

さて、一服いただいたあとはおまちかねのおさわりタイム(変な意味じゃ〜ありませんよ)

P1010556.jpg
(美術館のエントランス)


さて、それぞれおざぶ(座布団)を敷いて出てきた本日の釜は、、、

1)先代・浄心さんの繰口釜・・釜肌に漆を焼き付けていて、つやのある独特の赤味のある色。
  つまみが南鐐でキラキラと美しい。蓋に侘びた模様をわざとつけるための技術なども講義していただく。

2)名人と言われた2代・浄清の平釜・・口の周りに紗綾紋、胴に雷文。350年ほど前のものにしてはモダンな意匠

3)与次郎釜・・この手で与次郎(利休のころの天下一釜師)にさわれる日がくるとは(うるうる)しばらくてばなしたくなかった。スリスリ。中にも手を突っこんでスリスリ。
  釜肌のかせた感じが長次郎の黒楽に似て、なんともいえない味わいが。
  やつれをわざと作るために胴の一部に指のあとともとれるへこみ(釜型でいうと出っ張りになるが)がまたええ感じ。

4)芦屋釜・・筑前国遠賀川周辺で鎌倉〜桃山時代の釜の産地で京釜よりはるかに古い時代あり。
  二枚貝の鐶付、波頭に青海波、舟、山の地紋がとても繊細で当時からこんな技術があったのか、と驚く。
  最近ではかえってこんな地紋の細かい釜は見られないな。
  しかもこの釜の蓋にはぴしっとできた割れ目があり、これに南鐐の鎹が打ってある。これがまたええ味で。

P1010558.jpg
(エントランスの水盤の中の睡蓮。大西家のどなたかの作。金属の種類を変えてあるので、それぞれ錆びた色が違うのを計算しているとか)




ところでお稽古なんかでは釜肌は皮脂がつくと錆びるので、直接手で触っては絶対イケナイと習っているはず。
なのにこんなにさわりまくって良いのかしら?
大西さん曰く、もちろん鑑賞会のあとは全部湯通しをして油を洗い流してちゃんとメンテするとのこと。
だよね〜。

「でも、最近の人は釜を大事にしすぎです。ちゃんと後始末してやれば手で触っても大丈夫なんです。しまい込んでおいても錆はきますから、どんどん使って欲しい。」
と、大西さん。
そしてつかったあとの手入れ方法など、教えて下さった。
そうか、洗ったあと炉にかけるだけではだめなのね。
湯を半分にして、ふたたび炉にかけぐらぐら湧かし直すのがコツなのね。

ま、そんなにいい釜はもっていませんけど〜。ヽ(  ̄д ̄;)ノ


鑑賞会のあとは大広間で大原・卯庵さん(一日一組の茶懐石のお店)の点心をいただく。
大原の紅葉がたっぷり添えられて、とてもきれいでおいしかったです。

この時出てきたあまたの燗鍋も、これまた古浄味だの浄雪だの江戸大西家初代のだの、、、、も〜くらくらしそう。
ここでの床の間の軸は東山魁夷の五葉松の釜の下絵。
先代の浄心さんとよくコラボしたそうですよ。

あ〜、これもやみつきになりそうだわ。

P1010559.jpg

さて美術館からほこほことして出てくるとお向かいの町家ではこんなお店が。
第1日曜限定の町家市場、釜座マルシェ
土付きの里芋やら大きな九条葱やら、おいしそう。着物でなければ束にしてもってかえるのに、、、、

P1010560.jpg

〆は新町蛸薬師のカフェ・ギャラリーうめぞのさんで和スイーツを。(甘い物は別腹なのよ)

P1010561.jpg

こちらも町家なんで、トイレまでええ感じです。

P1010562.jpg


おいしゅうございました
P1010552.jpg

帰り道の白川でみつけた鴨。
お食事中でした。







  



関連記事

● COMMENT ●

NoTitle

お茶の知識がないので花より団子で和スイーツに目が釘付けですw
今度京都に行ったら是非行ってみたい~

NoTitle

釜ってそうやってしまうのね。知らなかったです。

しん様

ここのスイーツは種類も多く楽しいですよ。不満は上生がないことくらいかな。^_^;

ひいらぎ様

やはりぐらぐらくらいの熱いお湯でないと、釜の乾きが悪いそうですよ。なるほどね。

NoTitle

粋な後姿、どこのお姐さんかしらと思いました!
大西さんは本当に良いお人柄ですね。私も釜は手で触って問題ないとお聞きしてから、すごく気が楽になりました。
私は鋳物の町の生まれなので、釜のことはもっと勉強したいと思っています。

そらいろつばめ様

粋な後ろ姿、、、、後ろ姿ってところがポイントです(^_^;
そらいろつばめ様は以前、大西さんと個人的にお話しされたことがおありでしたね。楽さんとまた違ったお人柄、この方もファンになりそうです。
お釜も凝り出したらきりがない世界ですが、私が一番好きな形は阿弥陀堂。1つほしいなあ、、、、

検定で勉強した大西清右衛門さんが出てきた、与次郎さんというのは辻与次郎さんのことですか?
訳が判らないまま覚えるだけ覚えたけど、やっぱり大変な方たちだったのですね?

シェルバンさんの後姿、本当に素敵ですよ♪
こんな風に着物が着られたら、たくさん着たいのに、義母も他界、母はずっと入院の今は、両手を広げて立っていても誰も着せてはくれません(涙)

お茶をやる方にとって、お釜とかお茶碗とかって、宝石のような物なんですね。

こまち様

はい、その与次郎さんです。お茶の世界ではかなり有名だと思います。お茶に興味のない方や西洋人なんかには、どうしてあんな土くれ(茶入や茶碗)が城一つの値なんだろう、、、と不思議でしょうがないでしょうねえ。私も興味のない方面での物の価値はわからないし、、、(^_^;
京都検定ってそんなのもでるんですね。ちょっと問題を見ましたが、とうてい無理!むつかしすぎですわ。
両手をひろげずに自分でお召し下さい。慣れるとそんなにむつかしいものではありませんよ〜。ももこさんあたりに御指導願っては?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/7-d1cb0ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

錦から南座まで «  | BLOG TOP |  » 〜実は私も町家に住んでました・俵 越山が語る町家の魅力~

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (26)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR