topimage

2017-07

室町御池界隈 - 2013.04.04 Thu

茶事用の干菓子を調達にでかけたのは、いつもの亀廣保さん。

P1020834.jpg

はでさはありませんが、細かい仕事がしてある干菓子専門のお店で、好きな物を必要なだけ購入できる、茶を嗜む者にはなくてはならないお店です。

P1020835.jpg

店頭に飾ってある干菓子は春の野遊び風でかわいいな。

P1020837.jpg

お向かいには、亀廣保さんに来たときにはいつものぞいてしまう、もりたもとこさんの着物ショップomoが。

今日は民藝風の帯地かしら?
普段に気軽に着ることができる木綿の着物や紬や、楽しい小物がメイン。
ちなみに私は以前こちらでこんな帯を買いました。

p1110381.jpg

神坂雪佳さんの金魚玉之図をデザインしたもの。
これもこの円い窓に飾ってあって、一目惚れしたんです〜。

さて、亀廣保さんの近くに美味しいアメリカン焼き菓子のお店が新しくできた、という情報をぽん様ブログからゲットしましたので、こちらもいってみなくては。

P1020839.jpg

こちら、Nakamura General Storeさん。
おぢさん(中村さん)が一人で焼いて、売る分がなくなったら閉めるといったゆる〜い感じの焼き菓子屋さん。
内装やオブジェが50〜60年代のアメリカのイメージ。
売っているお菓子もガッツリアメリカン。

P1020867.jpg

マフィンもベークドケーキもいろんな種類がありますが、どれもバターがこれでもか!と効いていて、、、どうして美味しい物ってこう高カロリーなの〜っ!!
こんな美味しい物、毎日がつがつ食べてるアメリカ人の、国民病が肥満だってよく理解できるわ。
かなり危険ですが、亀廣保にいったら必ず寄るお店がまたできてしまった。(^◇^;)

P1020840.jpg

押小路を少し東にいくと、ベーグルなど人気のパン屋さん、Flip up!さんもあります。いつも狭い店内は人でいっぱい。私が通るときはほとんど売り切れのことが多くて、、、

P1020842.jpg

押小路にたちならぶ京町家。瓦が波打っていたり土壁がいたんでいたり、お人が住んでいる気配がないようなお家も。あと数年したらこの景色もすっかりなくなってしまうかもしれないなあ。(T.T)

P1020844.jpg

室町の一本東、両替町通りに面する旧・龍池小学校の裏側。
なにを隠そう漫画オタクの聖地(?)京都国際マンガミュージアム
その一角に中京消防団龍池分団がつくられたのは平成18年だとか。

P1020846.jpg

なんとこのあたり江戸時代の銀座あと、という大正年間の(ややこし)碑が。
さすが京都、犬も歩けば史跡にあたる。

P1020845.jpg

ど〜も気になるのがこの「龍の井」とかかれたポンプ。
調べてみたけれど不明。銅駝美術高校(これも旧・銅駝小学校)にある地元民しか知らない名水・銅駝水と同じように、かくれた名水かしら?わけてもらえるのかしら?

、、、、なんてことを考えながら、用事をすませるだけなのに、京都さんぽが十分楽しめた日でありました。

最後に関係ないけれど、インクラインの桜の画像をおいていこう。


P1060233.jpg






関連記事

● COMMENT ●

金魚玉之図帯欲しいですぅ!

神坂雪佳の帯、
実はわたしも朝顔のを持っているのですが、
この金魚玉之図帯もとっても欲しいです。
いいな~v-238
夏物ですか?

志織子様

あの朝顔もいいですね〜。
もちろん夏ものです。よそで同じ図柄の帯を見たことがあります。
人気なんですね、この金魚玉( ̄▽+ ̄*)
是非どこかでめぐりあってくださ〜い。

ナカムラさんのお菓子、素朴においしかったでしょ。
確かに、カロリー気にすると・・・ヤバイ。

雪佳さんの帯、子犬のが出たら欲しいなぁ。

ぽん様

寝る前に食べたのでかな〜りヤバかったです。^_^;
でもあのバタージュッって感じがおいし〜い。
体重計は隠しておきます。

雪佳さんの仔犬もかわいいですね〜♪

犬も歩けば史跡に当たる…京都って、まさにそんな土地ですよね。
坂本龍馬が結婚式を挙げた場所なんて碑がさりげなくあって、こちらも何気なく読んでビックリしてしまうことが多いです。
室町御池あたりには古い家並みが多いのですね♪
祇園祭の時にはこの辺りを歩いている筈なのに、人の多さでどこを歩いているのかよく判らないで先に進んでしまいます。
今年はゆっくり周囲を見回してあるきましょう(*^^)v
高カロリーのお菓子も買ってみなくちゃ!

こまち様

祇園祭の時は町の雰囲気が一変するので、日ごろ歩くとよく分かりませんよね。(最近ちょっとオリエンテーションがつくようになりましたが)
史跡の碑はあっても、その史跡自体がなんであるかわからないこともあって、まだまだ勉強不足です。
はい、このお菓子屋さん、ちょっと危険ですが美味しいです。おためしあれ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/70-0615923f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜散初の茶事 «  | BLOG TOP |  » 五事式〜桜の候

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (50)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (12)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR