topimage

2017-08

長月晦・夕ざりの茶事 - 2016.10.02 Sun

長月のつごもりの夕ざりの茶事。



IMG_3865_20161002154643c21.jpg



季節としては旧暦の重陽(今年は10月9日)・菊の節句もとりたいし、、、




IMG_3869.jpg



先の月見(9月15日の十五夜)後の月見(10月13日の十三夜)のはざまの時期で月もとりたい、、、




IMG_3866.jpg



というのであれもこれも、、、この季節はお題にことかかない。事欠かなすぎて困る。

この季節のお約束、鴨川べりで刈ってきた薄を玄関なげいれてお迎え。




P1100884.jpg




ついでに虫の音のテーマも。
月を愛でながら、虫の音も愛でながら(これができるのは日本人だけらしいよ。よその国の人には雑音なんだって)、、





P1100900.jpg



鼓胴の花入で音曲も想像して楽しんでいただこう。

夕ざりは初座が花になる。暗くならないうちに見ていただくために。




IMG_3871.jpg



汲み出しは先日川口美術で入手したばかりの伊藤明美さんの高麗青磁写し。本来は深向付。




P9300263.jpg



お酒は重陽で菊酒。

この日のお客さまはわりと召し上がってくださるのでうれしい。



P9300264.jpg



この季節限定の萩の煮物椀。
満月しんじょうにしたつもりが、なんとなく居待ち月くらいにゆがんじゃった。



P1100903.jpg



強肴の器は伊賀の笹山さんの片口。木工の水野悠祐さんに蓋を作ってもらって水指にしたやつだ。こうして懐石にも大活躍。

中味は嵯峨野・森嘉さんの大き目ひりょうず。(かなりボリュームあり)

茶事は、、、
私にとって庭掃除50%、懐石25%、残りの25%がお茶なの。懐石がすんだ段階で75%終了なのよ。あと一息!

千鳥は別杯持ちだしをまたやっちゃった!
ちょっとびっくりするお客さまの顔をみるのが楽しみで、、、、(^-^)




P1100895.jpg




お菓子は西陣・愛信堂さん。
月にまつわるもの、、、とだけお願いしたらこんなすてきなお菓子。銘を「つごもり」

雁の焼き印があるがこれが期せずして後座の「秋空一声雁」に見事呼応してうれしい限り。

葛を求肥で巻いたもので、初めていただく食感!




P1100889.jpg



中立のころ、思惑通り燈火がいるほの暗さになってきた。

これからが夕ざりの醍醐味。夜咄のおいしいとこどり。



P1100891.jpg



灯籠の障子(手作り)もスタンバイOK。

本日も有能な水屋さんに助けられる。




IMG_3872_20161002154649d66.jpg



待合から茶室への露地。

あちこちにいろんなタイプの燈火を用意。



IMG_3873_20161002154729b97.jpg



写真では暗くてあまりわかりませんよね(^_^;

でもこの雰囲気はお茶事の中で一番好きな景色。



IMG_3881.jpg



今回はじめて、使い方がわかったジャイロの手燭、これを躙り口の横にひっかけた。これってこうやって使うモノだったんだ。安定の悪い手燭やなあ、、、と思っていたの(^_^;


(こうなってます↓)


P3130056.jpg



実際はもっとはしっこに掛けてます。




IMG_3879.jpg




今回も短檠のかわりに李朝燈火器。
(一生短檠の灯芯はよう使わん。あれぶちぶち切れすぎ、、、)

これと手燭一つではほんまに昔の夜の茶会はこうやったんやろうなあ、、、というくらい暗い。
点前のボロがかくせてよい、、、(^_^;あれ?
もとい、蛍光灯の下では絶対味わえない茶碗や茶入の陰翳を楽しめる。




P1100905.jpg



手燭灯りの元、道具を拝見されるお客さま。

美しい景色。私はレンブラントの絵を思い出す。


続き薄では、他流派を修行されている水屋さんに点てていただいて、一堂裏千家なものだから、「へ〜」「ほ〜!」と驚きしきりもまた楽しかった。今回はみなさま、京都以外からおいでのお茶の手練れの方々。一座建立、ありがとうございました。
亭主もずいぶん楽しませてもらいました。



P1100897.jpg



お干菓子は例によって干菓子専門の亀廣保さんのススキと小芋。
ススキの尾花に氷餅の粉がかかっていて尾花のふわふわの雰囲気をよくあらわしている職人芸。好きやわ、ここの干菓子。

いよいよ神無月になりましたね。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/740-45a90822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇治茶まつり2016 «  | BLOG TOP |  » 平安神宮煎茶献茶祭茶会2016

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)
ポルトガル中部〜北部紀行 (6)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR