topimage

2017-08

花鎮(しず)め・今宮神社やすらい祭〜倫景亭茶室 - 2013.04.14 Sun

紫野なる、今宮神社。

P1060405.jpg

平安時代には、桜の花が散る頃、疫神は花の精にあおられていたずらをして回ると信じられていた。

P1060410.jpg

花傘を花と間違えひきよせられた疫神を今宮疫社へ鎮めて一年の無病息災を祈るやすらい祭。

P1060419.jpg

その花傘に入るとその年の厄を除かれると。

P1060427.jpg

光念寺を出発した今宮やすらいの行列は氏子町内を練り歩き、今宮神社に到着。
囃したり踊ったりするのは、豊かな稲の実りを祈るとともに、疫神を、踊りの中に巻き込むためとか。

P1060412.jpg

3年生までの少年がなる間鼓(子鬼)。

P1060415.jpg

少し大きくなった囃子方。
中高生になると赤毛・黒毛の大鬼は太鼓や鉦をならして躍る。

P1060426.jpg

地元の人たちの努力で保存され継承されてきた、これも地元のお祭りだな。

P1060437.jpg

子鬼の踊り。

そして迫力ある大鬼の跳ね踊り。

P1060443.jpg

やすらい花や

P1060448.jpg

やすらい花や

P1060450.jpg

学生時代に一度見てから、あれから数十年。この子達はまだ生まれていなかったよなあ、と思うと感慨深い。

P1060453.jpg

あれから世間にも私にもいろいろな年月が流れました。

P1060466.jpg

川上大神宮より出発する川上やすらいは、もっと大きい大人が大鬼。踊り方もずいぶんちがいます。

P1060470.jpg

お囃子のお稽古日の掲示もありますね。こういう地元のお祭りが近所にもあったらなあ。

境内ではお茶席もあるとのことで入ってみたら、これがまたすばらしいお茶室で!

P1060471.jpg

「倫景亭」とあります。なんでも十数年前には壁も柱も朽ちて蜘蛛の巣だらけだったとか。

P1060476.jpg

かなり古い建物らしく、躙り口もかなり狭い。

P1060473.jpg

ちゃんと外に刀掛けもあります。

P1060474.jpg

修復していくうちにこの茶室は表千家の不審菴写しだと判明したとか。

P1060475.jpg

おお〜っ!!
初めて本物をみた!つまり不審菴のごとく、普通風炉先がある方から入室し、くるっと向きをかえて点前座に座る茶室を!

表さんのお点前でお茶をいただき、きちんと拝見までさせていただきました。まさかここでこんな本格的な茶席似入れるとは、予想外のうれしさ。

こちらでは不定期ながら、表千家のお稽古をされているそうですよ。茶室を維持するにはやはり使うことですから、とおっしゃってました。

P1060480.jpg

さて、今宮さんの参道といえば、通り過ぎることはできませんね。
二軒あるあぶり餅屋。前来たときは一和さんへ入ったので、今回は錺屋さんへ。

P1060489.jpg

おいしゅうごさいました〜!


関連記事

● COMMENT ●

今宮さんは、うちの辺りの氏神さんですが、氏神さんのお祭りと言えば、昔は鯖寿司やお赤飯を親戚等に配りました。うちの親戚がやすらいさんのお祭りで、毎年、鯖寿司とだし巻きを持って来てくれはったのを思い出しました。同じ今宮さんの氏子でも場所によって、お祭りが違うのか、うちの辺のお祭りは5月の第2日曜の今宮祭の還行祭です。今でこそ、親戚に配り歩きはしませんが、家では、お祭りの日の鯖寿司とお赤飯は欠かせません。
5月5日に御旅所まで行く神幸祭に始まり、今年は5月の12日に還行祭が行われます。お神輿3基と各お町内から剣鉾もでます。玉の輿にきくという玉の輿神輿なんかも。。。玉の輿は、必要ないと思いますが、お祭り好きのしぇるさん!ぜひ、おこしを!
それにしても、今宮さんには、年に数回、何十年とお参りしてますが、お茶室があったのは知りませんでした。

大鬼踊りは町中で見た事があります。

ところで今宮さんの茶室って私も伺ってみたいです。
どちらの茶室も興味しんしんです。
あぶりもち しばらく食べていないなあ 食べたい。

京鹿の子様

そういえばこのあたりにお住まいでしたね。京都はお祭り、といえば鯖寿司なんですね。(鯖寿司大好き、誰か持ってきてくれんかな〜)
地域に密着した京都のお祭りは、番組小学校なんかの伝統もあってずっと先祖代々地元の氏子の誇りを感じます。何代も前から住んでいる率が高いのも京都の特徴なので、こういうお祭りがよく保存されているのもわかるような気がします。
残念ながらうちの近辺ではないですねえ。おとなりには粟田神社なんかあるんですが。

これが茶室だとは宮司さんも以前はご存じなかったそうですよ。びっくり!

ひいらぎ様

土曜日にお稽古といっておられました。くわしくは社務所に問い合わせるといいようです。
ただし表さんどす〜。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/75-c7e44656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

囍春・茶菓花器事〜好日居にて «  | BLOG TOP |  » SAKURA フィナーレ

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
古筆 (1)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (22)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR