topimage

2017-04

師走に洛中を駆け回る - 2016.12.07 Wed

師走はなにかれとなく忙しい、、、ような気分になる。ほんとうは毎日せわしないんだが。
せわしない年末の雰囲気にのって、寒波到来、観光客も一段落して少しおちついた洛中をあれこれかけまわり。



PC060005_20161206215111168.jpg



年末には人出でぎゅうぎゅうになる錦市場。大晦日にのこのこでかけていって冗談でなく圧死しそうになったよ。まだ月初めなんですいすい。




PC060002_20161206215109648.jpg



用事があるのは刃物の有次さん。外人の観光客がいっぱい。



IMG_4824.jpg



お願いしておいた庖丁のつくろいの受け取り。先ががっつり欠けてたのがきれいになおってる。つくろいもしてくれるのがありがたい。



PC060006_20161206215112e72.jpg



ちょうどお昼時なので錦のちょっと南でランチ。



IMG_4811.jpg



ネパール料理Yak&Yetiでカレーランチ、このでっかいナンでお腹一杯、これで1000円いかないとは!




PC060012_20161206215128062.jpg



デザートは栖園で月替わりの蜜があじわえる琥珀流しを。



IMG_4813.jpg



あまりに人気なので、冬期はお休みだったのを12ヶ月通しで食べられるようにしはったのは最近。コンプリートの誓いをたてたのは京都移住前だったが、いまだに完遂できていない。なぜなら夏場は特に人気で行列ができるほどなので、なかなか食べられないのだ。



IMG_4815.jpg



12月は黒豆と黒蜜であった。



IMG_4722.jpg



ちなみに11月は柿だったよ(*^_^*)これはおいしかった!1月はなにかな〜。この調子でコンプリートできたらな。



PC060009_20161206215126548.jpg




いつ前を通ってもファンタスティックな麩屋町通りの革島医院。登録有形文化財の昭和初期の建築。

洛中面白い建物ウォッチングが以前から好きだったが、歩くたびに大きな町家が小さな町家がどんどんつぶされて、マンションになっている姿を目にする。洛中の風情のある景色はいずれ消滅してしまうだろうなあ、このペースだと。悲しいけど。



PC060015.jpg



こちらも昭和初期の有形文化財・平楽寺書店。



PC060020.jpg



姉小路通に春芳堂さんを発見。表装で有名なとこで、ここの軸装だとちょっとランクが上がるんだとか。ひとつ持ってるけど、ほんまええ箱にはいってる。外の紙箱にたしかこの暖簾と同じ模様が描かれてたわ。



PC060021.jpg



お隣は和菓子の亀末廣さん。亀屋とか亀がつく和菓子屋さんはほとんどこちらの別家さんなんよ。




PC060023.jpg



お向かいは、、、ことし3月まで新風館だったところが、、、、まあ〜〜〜!駐車場になっとるわΣ(゚д゚|||)

かわりゆく京の景色、、、でも新風館自体が私が京都を不在にしている(^◇^;)間にできとったしな。




PC060024.jpg




ついで油小路二条上ルの和誌倶楽部へ和風ステーショナリーを仕入れに。




PC060025.jpg



こちらはもともと先代の初代が、寺社に使用する経本和紙、着物用のたとう紙、市内の料理店や菓子屋の包み紙、掛け紙を作ってはったのを、現在の二代目さんが和風ポップなデザインの和紙小物ステーショナリーを扱うようになって人気が出たお店。



PC060027.jpg



奈良の中川政七商店に似ているかな。当代になって経営内容を変えて成功した例。こうやって生き残っていく老舗もあれば、昔のままをあくまで貫いて長く続く老舗もある。時代の流れに押し流されて廃業したものもあれば変革に失敗した例もあるだろう。むつかしいね、伝統産業を維持していくのは。




PC060031.jpg



懐紙やぽち袋、レターセット、ブックカバーさまざまある商品の中で一番お気に入りはこの包み香。手紙にいれる文香にしたりバッグにいれたり、、、。包み紙のデザインが豊富なのだがやっぱり黒猫のが一番好きo(^▽^)o たくさん買い込んだ。




IMG_4820.jpg



二条通りをてくてく歩いて帰宅する道すがら、寺町でちょっと休憩。カフェ百春さんから、コーヒーをのみながら見下ろす寺町の景色が好きだ。



IMG_4823.jpg



さすがにちょっと疲れて寺町丸太町でバスに乗ろうとしたら、、、、バス停はイチョウの葉っぱで埋もれていた(o‘∀‘o)*:◦♪



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/771-ec82bab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳴滝・了徳寺大根焚き «  | BLOG TOP |  » 晩秋〜落葉の夕ざり茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (48)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR