topimage

2017-04

大雪の京都〜北野天満宮月釜&洛中の町家で餅つき - 2017.01.17 Tue

P1150001.jpg



前の晩から降り始めた雪、、、これは積もるな、と思っていたら朝には庭がこんなことになっていた!!
何年ぶりだろう、京都でこんな積雪。こちらに移住してきたのが6年ちょっと前、その最初の年の大晦日がこんなかんじだったな。バスはとまっちゃうし。

しか〜し!
北野天満宮・明月舎の月釜の券を買わされた持っているし、しかもいける曜日を計算したら五分の一もいけやしない。だから行けるときには少々無理をしてでも行って元をとるのだ(せこい!)。




P1150003.jpg




バスはなんとか走っている。天神さんの前で降りたときの景色。今出川通りだよ。どこの雪国かと思っちゃう。





P1150005.jpg



天神さんの境内も雪で埋もれて、ある意味、見がたい物をみることができた。確かに大人になっても滅多に積もらない雪が積もった日にははしゃぎがち。(雪国の方はもうええわ、、、の景色でしょうが)




P1150024.jpg



雪の中、朱色のお社はよく映える。

天神さんでは境内の影向の松に雪が初めて積もった日をもって初雪祭という行事をしはることはきいていたが、この日だったのか!見逃した!(茶友さんでちゃんと見た方もいた!)




P1150007.jpg



こんな大雪だから、いつもは長時間またされる月釜もきっとすいているに違いない!と思ったが、なんのなんの、お茶人さんはお茶のためなら雨雪をいとわないのだ。(早起きもいとわないのだ)

さすがにお着物の方は少数であったが。



P1150010.jpg



まあ、この降り方を見てください、、、(@_@;)

ちなみにこの日は境内入り口のところにある松向軒の月釜の日でもあるので、ハシゴされる方も多い。私はまだいったことがないが。




P1150015.jpg



たまたま存じ上げている他流派の偉い先生とごいっしょで、正客にならはったので、あつかましくも次客にあげていただきラッキーであった。

ご亭主はベテランの男性の先生、よいお道具をたくさんお持ちのとのこと(先出の先生情報)、八条宮智仁親王(桂離宮を作った方)の消息、おそらく後水尾さんへ和歌の添削を依頼する内容で、歌題が鶯有慶音。季節がらぴったり。



P1150036.jpg



風炉先代わりに神楽の鈴、花は鶯神楽(ちいさな星形の花がさいているところ初めて見た!)に大神楽(椿)、花入の銘が「岩戸」で香合が鶏とくれば、これは天の岩戸伝説ではないか!あとは日蔭の蔓のたすきをかけたアマノウズメがほしいですなあ(^○^)




P1150037.jpg




すでに開花している梅の木も、赤い眼のジュノー(牛・勝手にそう呼んでいる)さんも雪に埋もれる。



茶会のあとはまたバスをのりついで洛中へ。




P1150039.jpg



大きな古い表造りの町家が並ぶ界隈。

一文字屋根に積雪はよく似合う。



P1150047.jpg



とある大きな町家にて新年会の餅つき。

私が幼少のみぎりにはどこの家もお正月のお餅はじぶんとこでついた。杵をもってよろよろした記憶がある。中に豆をまぜたり、つきたての餅にあんこやきな粉をのせてつまみぐいしたり、子供心に楽しいお正月であった。
今はどこも餅つきはしない。せいぜい自動餅つき機があるくらいか。しかも今年はノロウイルスで餅つきイベントが中止のニュースもあった。




IMG_5317.jpg



玄関庭にあつまって、それぞれお屠蘇をいただく。



P1150050.jpg



その間に蒸し上がった蒸籠の餅米を臼に投入。




IMG_5321.jpg



餅つき開始!
日ごろ家事をしないおぢさんたちが餅つきになると大活躍。喜々として餅つきしはる。




P1150060.jpg




玄関庭には屋根がないので、手水ならぬ雪も餅にまじっているよ(^_^;

私も5〜6回つかせてもらった。杵って重いのね。
パコーンといい音がしたときはよくつけている証拠。私がやるとポスッ、、、としかいわんかった(^◇^;)




P1150063.jpg




一方だいどこでは納豆を大鉢にいれて練り練り。



P1150066_2017011623190954b.jpg



なんと!つきたての餅に納豆をまぶして納豆餅に!
初めて見たわ。

京都人(関西人)って納豆きらいな人が多いと思ってたが、意外や、京北あたりでは正月三が日は納豆餅を食べる習慣があるのだそうだ。(ここが発祥の地と、京北の人は言ってるらしいが、、、)




IMG_5325.jpg



まあ、これが美味いのなんのって!お酒がすすんであかんわ。
この家のご当主も正月と言えば納豆餅だったそうで、健康に良い、とお父上が導入されたよし。これも意外。




IMG_5340.jpg



第二弾の餅つきをするころには、台所の湯気があたたかいのか、この家の家猫、外猫がよってきて高いところで暖をとる。



IMG_5338.jpg



いや、監視しているのか、何してるのか興味津々なのか、おこぼれにあずかろうとしているのか、なんにせよ猫好きにはうれしいうれしい!




P1150073.jpg



町家に猫はよく似合う。



IMG_5335.jpg




餅米を蒸すおくどさんがまだ現役で活躍。萌えるわ。



P1150075.jpg



搗き上がった第二弾は、今度はまるめて丸餅に。



IMG_5351.jpg



京都といえば(関西圏はどこもらしいが)白味噌の雑煮、白味噌汁に投入。おすまし雑煮文化圏の私としてはいまいちなじめないのだが、つきたての餅はほんにおいしいのう。

京都も元旦は白味噌で2日はおすましのところが多いそうだが、毎日白味噌つかっているとお金が掛かるので、という始末の精神らしい。
餅をお腹一杯いただきお酒もしこたま飲んで、異職能集団ゆえに各業界のおもしろい話を聞いて、よき新年会ができたのであった。



P1150082.jpg



帰りがけ、洛中はいまだ雪の中。




P1150083.jpg



町家は雪もよう似合うなあ〜。



関連記事

● COMMENT ●

よくぞよくぞ納豆餅を食べて下さいました!!
京都で納豆餅とは、東北出身の私にとっては何とも嬉しいニュースです。私達にとっては納豆餅はまさしくソウルフードなんですよ。
年末にお正月のお餅の準備をしますが、その時に搗きたてのお餅を食べるために、納豆、ずんだ、ゴマ、くるみ、大根おろし、あずき、鳥雑煮と何種類も準備します。ちぎったお餅をストンストンと入れる手際の良さ。
故郷のこの習慣を但馬に来てからも35年何とか続けてます。一年の無事を感謝しながら。去年はやっと孫も参加できたので、最高に幸せでした。

そらいろつばめ様

そうそう、調べたら宮城県の方でポピュラーだと書いてありました。
ちょっと目からウロコの食べ方で、びっくり。ほんにお酒にあうことあうこと、カロリー計算わすれて腹一杯たべてしまいました。
お宅でも杵と臼で餅つきですか?うらやましい!東北の習慣が但馬でもつながっていくのはいいですね〜。

初めてコメントさせていただきます!憧れの京都にお住まいで羨ましい限りです。でも京都、凄い雪ですね!!こちら関東は寒いのは寒いのですがいお天気で空気がからからです。私もよく京都には行きます。主人と宝くじが当たったら京都にマンションでも買いたいね!などと話をしています。北野天満宮も去年の梅の時期行きました。雪の天満宮も綺麗ですね!町屋のニャンコ、ちゃんと暖かい高い場所知っているのですね!またブログ覗かせて下さいね。私も拙いブログをやっています。もし良ければ覗きにいらしてください。「やよの四季折々」です。

みゅうぽっぽ様

はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログも拝見しました。お茶のことがたくさん書いてあって、とてもうれしいです。
こちらこそまたのぞきに行きますね。
(砂糖漬けの小茄子、私も最近食べたばかりでした〜(^-^))

友人にもマンションを京都に買ってときたま京都ライフを満喫されている方もおられますよ〜。実現するといいですね〜。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/792-90e753f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

深草にて〜石峰寺と寶塔寺 «  | BLOG TOP |  » 淀看席〜黑谷金戒光明寺・西翁院

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR