topimage

2017-06

湯木美術館〜藤田美術館 - 2013.04.26 Fri

昼の空き時間を利用して茶道関係の美術館をちょいとハシゴしてきました。

P1030118.jpg

大阪は北浜。道修町(どしょうまち、、、よ。)は薬関係の会社が集まるオフィス街。ここのランドマーク、コニシKK。(ボンドといえばコニシ)最初ビルの谷間にたつこのレトロな黒壁にびっくりしたものですが、いまではすっかりおなじみの景色になりました。

P1030112.jpg

ここから御堂筋の方へ歩くこと約10分、湯木美術館へ到着。

なにしろ吉兆をつくった湯木貞一の茶道具コレクションですから、よそよりも懐石道具の充実度はすごいです。
展示室もこぢんまりとしているのでおちつきます。

P1030113.jpg

今季の展示は「茶の湯の漆器〜利休と不昧のデザイン」。

利休デザインと言えばいわゆる利休形。棗などは寸法も決められているわけで、千家十職の宗哲や一閑の物が主。どちらかといえばしぶい、、、。
宗旦在判の又隠棗(黒小棗)は数百年前の物と思えないくらいつやつやとして、時代のおかげできれいな蝋色になって、茶道の歴史的価値もあるけれど、、、、やっぱり地味(;^_^A
来歴をきかねばスルーしてしまうかも。こういう渋い漆器がいいな〜と思うにはもう少し修行が足りんのかな。

懐石道具ではいろんな種類の折敷が山とつまれていたのはさすが吉兆。利休形山折敷(3代彭祖・宗哲)というのを初めて見ました。底とまわりの縁を桜皮で綴じたカンナ目の折敷で、これはそうとう侘びた感じ。ついでに3代宗哲が彭祖(中国の伝説の長寿仙人)という俗称をもっていたのも初めて知ったわ。
金蒔絵の華やかな折敷もあって、これで出された日には鑑賞にいそがしくてゆっくり懐石があじわえないのでは?と思うくらい豪奢。

不昧デザインは江戸期のおしゃれな物が多くて、見てて楽しい。ここでは茶道検定にでそうな(^_^;塗師の名前を覚えておこう。不昧のパトロネージを受けた原 羊遊斎とか小島漆壺斎とか。今の象彦さんのご先祖、西村彦兵衛の名前もありました。

先日某茶会で吉野寿司桶の水指(建水はよくあるらしいが)をはじめて見たのですが、ここでも拭き漆のかかった寿司桶水指を拝見。2回見たから、もう忘れない。
蓋に吉野御寿司弥助云々と焼き印が。これも先日初めて知ったのですが、弥助寿司は今でも吉野にあって、義経千本桜にでてくる有名な寿司屋なのですね。やはり桜の季節の道具でしょうか。

一番印象に残ったのは片輪車蒔絵香合、出雲松平家伝来。
片輪車とは波の紋様の中に半分だけひたった御所車の車輪が描かれる意匠。細密な蒔絵と青貝でえがかれる景色はとても美しい。貴族の乗る牛車の車輪が、乾燥によってゆがまないように鴨川の水に浸しているのはかつてよく見られた風景なんだとか。それを頭に描いてみるからなおのこと印象深く思うのかもしれません。

さて、湯木をでたあとはその足で大阪城北の藤田美術館へ。

P1030120.jpg

維新の動乱期に奇兵隊にも参加した藤田傳三郎男爵のコレクション。

P1030121.jpg

左手の蔵のような建物が美術館で、床はオイルびきの木の床、私なんかは昔通った小学校の講堂のイメージ(若い人にはわからんだろうなあ、、、)で好きなのよね。
ちなみに隣接してみごとな藤田家の庭園(現在は太閤園の施設)を無料で見ることができます。お時間あれば是非。

P1030124.jpg

普通展示会の図録って高価で重たいものが多いのですが、こちらはA5サイズのリーフレットに説明もちゃんとついて200円、という親切さ。大好き!

P1030123.jpg

「茶道具のいろは」と題して茶道を知らない人に、茶会・茶事の流れに沿ってこの道具はこうやって使うものですよ、とレクチャーしてくれるような展示で、楽しいばかりでなく、お宝がざくざく。もうガラスにへばりつき。

そういえば外人さんも熱心に見入ってはったけど、英語の説明は一切なかったし、説明文(かなり専門的な用語もある)が理解できるほど日本語に堪能な人だったのかしら。

利休の二重切竹花入「よなが」!よくエピソードもしっているけれど、見たのは初めて!

長次郎の楽茶碗、珠光の注文により最初に作られたという漆塗り棗(羽田五郎・作)、真中古茶入「面影」なんかもエピソードは知ってても見るのはお初、漢作唐物文琳茶入「田村」お〜本でよく見るやつ、仁清、利休〜織部〜遠州というゴールデンラインが所持した斗々屋茶碗、利休・紹鷗の茶杓、古天明釜、与次郎の釜+風炉(鰐口で、すごくいい)、、、、

いつみてもすごいコレクション~( ̄∇ ̄)~。.:♪*:・

一番印象に残ったのは古井戸茶碗。織部の命名「老僧」。いわゆる雨漏りとよばれる斑文(シミみたいなものね)を、長年修行をつんできた僧侶になぞらえたところが妙にぴったり。少しゆがんで梅花皮も実にみごと!


建物が建物なだけにここの展示の照明はちょっと暗いのです。茶碗などは高台が影になって暗くてよく見えない。でも、本来茶道具はほの暗い茶室で使う物だとすれば、本来の茶碗のありようの見せ方かな、と最近思うのであります。

関連記事

● COMMENT ●

行かねば行かねばと思いつつまだ行けてません。
今月すでに12館も廻ってるというのに…。
MIHOも行きたい、奈良国も行きたい、逸翁も行きたい…、お金と時間がなんぼあっても足りーん。

藤田美術館

しぇる様
ちょうどひと月前に初めて東洋陶磁美術館と藤田美術館に行きました。
どちらもしぇるさんのブログで知ったところです。
何十年ぶりかの大阪でした。
なのに藤田美術館の茶道具、真中古とか漢作唐物文琳茶入があったことに
気付いてなかったんです。というより、言葉すら知らなかった・・・。
真中古って「まちゅうこ」と読むのを帰ってきてから読んだ
岡本浩一さんの「一億人の~」で知ったのです。
うーん、ちと遅すぎた!知識がないと見ても残りません。
もったいなかったなぁー。
もう一度行ってみるか!  ノン!
3歩進んで2歩下がりながら歩む茶道です。

relax様

すでに12館〜?!
そりゃいくらお金と時間があっても足りんわ。(◎-◎;)
とてもマネできません、はい。

ハマミケ様

そうそう、知らずにスルーしたことは何度もあります。
もしかしたら「よなが」も一度は見たことあるかもしらんな〜と思ったり。
最近では知識不足のうえに記銘力障害も出て、かなりやばいです(^_^;
客になっても、このお茶碗初めてやわ〜、、と同じお茶碗で言ってそうでこわい。

しぇる様

藤田美術館はお宝ザクザクなのに、人も少なくて大好きです。
やんごとなきお方のコレクションをご自宅の蔵で拝見されていただいてるような
密やかな雰囲気がたまらないです。

紹鷗のお茶杓、欲しかった・・・☆ 

名無し?様

あの木の床も雰囲気良いですよね。藤田美術館好きなんですが、私にとっては交通の便がちょっと悪いのが難です。
あの時代の茶杓はなべてスリム系ですね。今自分で茶杓削ってますが、折らないように細く削るのは至難の業としりました。

しぇる様

名無しになってしまい失礼しました。にゃんちゃんです。(^_^.)

しぇる様お茶杓を削られているんですね~。すごいです! 一度削ったら元に戻らないので、勇気が入りそうですね。

にゃんちゃん様

にゃんちゃんさんでしたか^_^;
まあ、快心の茶杓を作るには失敗作が山となることでしょう。
ちょっと気をぬくと、ああっ!!!という削りすぎが何回も、、、、
がんばります。( ̄^ ̄)ゞ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/80-5a31b0ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

卯花月雑記〜2013 «  | BLOG TOP |  » 嵐山新緑〜星のや京都・後編

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (18)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2017 (1)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (21)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR