fc2ブログ
topimage

2024-04

柳の茶杓を作ってみた - 2017.03.03 Fri



IMG_5086.jpg



お正月に飾ったなんちゃって結び柳。

片付けるにあたって根元の太さに注目した。これりっぱな木だよなあ。そのまま捨てるのもったいないし、、、
ということで、これから茶杓を削り出すことを思いついた。




IMG_5522.jpg



だいたい茶杓の長さに切って、彎曲部分を櫂先の彎曲にあてることをめざし、まず樹皮削り。
縦方向には簡単に刃が入るので、ついつい楽しくて♪



IMG_5536.jpg




さくさく、、、楽しい作業。
おおむね完成したところでサンドペーパーで表面をきれいに。




IMG_5542.jpg




櫂先の彎曲はこんな感じ。ここを彫り込むのに繊維を横断して削るのは一苦労だった。それは竹の時も同じ。



IMG_5863.jpg



さて、次に向かいましたるは、、、河原町二条上がるの柿渋専門店渋新さん。
200mlから量り売りしてくれる。こういう特化商品の小店舗がわりとどこにでもあるところが京都の良さだわ。




IMG_5865.jpg



柿渋濃度が2度〜5度まであって、一番濃い5度を購入。




IMG_5866.jpg



柳茶杓に塗り塗り。
最初は柿渋をはじいて、思うように染まらないが、何回も上塗りしているうちに色がだんだんでてくる。



P2250002.jpg



5〜6回上塗りして完成。
思ったより濃くなってしまったが。

上品さでは拭き漆に負けるが、それなりに野点とか使えそう。(漆はひどくかぶれたことがあって私は使えない)



P2250003.jpg



裏側はこんな感じ。




P2250005.jpg




はじめは遊び事でやってみようと思ったので、長さは目分量で測ったが、普通の茶杓の長さとほぼぴったり!
やっぱり日ごろ使い慣れる体感って大事よね、と思った。


あとは筒を作って(完成品1800円ほどで売ってる(^_^;)

銘は「綰柳(わんりゅう)」とつけた。旅立つ人の無事を祈る思いをこめて。




関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、凄~い!!茶杓作られるなんて!ちゃんと名前もつけ、素敵な茶杓!!お手製だと愛着がわきますね!!この茶杓でお茶を入れるの楽しみですね!!

こんばんは

おおー、柳ですか。いいですね~
なるほど柿渋という手もあったのですね。

そういえばうちの先代のお家元は1年をテーマに12本のお茶杓(1月は松、二月は梅、とか)を作られていました。
私も昔、クリスマスツリーだったモミの木で茶杓を作ったことがありましたが、乾燥がイマイチだったらしく後でひわってしまいました。(-_-;)
私も再チャレンジしようかな~

みゅうぽっぽ様

竹の茶杓は削ったことあるのですが、柳は初めて。
茶友にはビニール傘のアルミの骨で茶杓つくったりする人もいますよ(^_^;
また挑戦したいですが、よく切れる(とく研いだ)刃物が必需品。

cox様

こんばんわ〜。
なるほど、どんな木からでも茶杓は削り出せるのですね。やっぱり3月は桃の木でしょうね。桃の木は魔除けにもなるしいいかも。
生の木の場合やはり乾燥十分しておかないといけないようですが、柳はなよなよしているので大丈夫みたいです。う〜ん、また別の木で挑戦したくなりました(^-^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/813-2200c07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公家雅に魅せられて〜旧山科家別邸・源鳳院 «  | BLOG TOP |  » 二つの天神社で梅見

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR