topimage

2017-03

修二会2017・その3〜二月堂界隈点景〜食作法・日中上堂 - 2017.03.13 Mon

DSC00172.jpg



一夜明けた奈良公園。朝日の影が長い。




DSC00174.jpg



浮雲園地をつっきって再び二月堂へ。




DSC00177.jpg



二月堂手前にある手向山八幡神社の境内。修二会はある意味神仏習合だからね。
「このたびは 幣もとりあえず手向山 もみじの錦神のまにまに」ですよ。
燃えたあとのお松明がおいてあった。




DSC00180.jpg



三月堂(法華堂)。
昔は堂内に不空羂索観音とあの美しい国宝・日光月光菩薩がおいでになったのだが、東大寺ミュージアムにお引っ越しされてしまった。保存という意味ではわかるのだが、あれはやはりこの暗いお堂内で拝みたい。




DSC00181.jpg



四月堂。
こちらも以前は大きな千手観音様がいらしたのだが、これもミュージアムへお引っ越し。なんか哀しい。
ここの隣が開山堂なので、背伸びをすれば糊こぼしが見えるらしいのだが、どれが糊こぼしなのかはっきりとはわからぬ。




DSC00182.jpg



さて、二月堂。
昨夜の晨朝の行がおわったあと、内陣の扉には鍵がかかっているはず。




DSC00186.jpg



はらね、閼伽井屋(若狭井)の、きのうの枯れた榊が一夜にして新しい榊になっているでしょ。



DSC00189.jpg



練行衆たちは参籠所でまだ食作法の前、くつろいではる。

「あ、園長先生!」

東大寺幼稚園の子どもたちが園長先生を見つける。ほほえましい一景。




DSC00197.jpg



参籠所ではいろいろな打ち合わせがおこなわれている模様。




DSC00204_20170312121649c72.jpg



こちらは北回廊の上にある茶所の、さらに上にある遠敷明神。若狭井を湧かせた遠敷明神が祀られる。練行衆は修二会に先立ち三社を巡るがここもその一つ。



DSC00211.jpg



裏参道。




DSC00207.jpg




練行衆として出仕しはる塔頭にはこの輪注連縄が掛けられる。




DSC00212.jpg



湯屋では練行衆の一日一回の食事、食作法の準備がおこなわれる。



DSC00214.jpg



湯が沸かされ、大鍋には汁。
まあ、なんとりっぱな薪だこと!




DSC00215.jpg



仏餉屋の前の榊も青々としたものに。




DSC00218.jpg



食作法は食事を前に延々と30分以上はかかるので、その間ご飯はおあずけ、そしてお汁は冷めてしまうのだとか。
これはその作法に使うお灯明の種火だろうか。



DSC00220.jpg



以前から不思議におもっていたのだが、食作法の時にはかならずこの破れた鍋が食堂の前にもちだされるのだ。
これは破鍋(まんしょ)と言って、その由来ははっきりしないのだそうだ。なんだ、やっぱりわからないのか。たぶん昔々にはなにかいわれがあったのだろうが、もう失われてしまったということだろう。




DSC00222_201703121216558a1.jpg



童子が、鉢にはいった干し柿をもって食堂に入る。



DSC00225.jpg



時間とともに参籠所から練行衆が走って食堂に入室される。早い,早い。




DSC00228.jpg



この躍動感!



DSC00229.jpg



食堂に運び込まれる(たぶん)ご飯。



DSC00233.jpg



そしてお汁。

ここからが長い長い。
食堂の一箇所に中をうかがえる場所がある。今年はじめて食時開始の合図の三本柄杓がくるりと回るところを見た。


われわれは遠慮しいしい見たが、中にむかって写真をばしばし撮っている人あり。やっぱりそれはあかんやろうと思う。

食堂内は無言のため、おかわり請求の箸をカンカンならす音も聞こえる。練行衆たちの食事はほんとうに早い。




DSC00238.jpg



童子たちが中にはいっていく。練行衆の食事のあと、その残りをいただく盥をもって。童子たち三役はのちにゆっくり参籠所で召しあがるのだそうだ。




DSC00245.jpg



食事を終えられた練行衆たちは閼伽井屋の屋根にむかって生飯なげをする。




DSC00247.jpg



それぞれ投げるフォームが違うのがおもしろい。
遠投が上手な方もおられれば、そうでない方も。




DSC00252.jpg



その生飯をねらって早速やってきたカラス。
こういう動物たちも修二会の一環なんだなと思った。



DSC00254.jpg



そして参籠所前で初めてご飯のお余りを拝領した。
これは食べて見るとどうやら蕗の砂糖漬けのようだ。練行衆と同じ物を口にできるとはなにやらありがたい気がする。




DSC00256.jpg




1日1食だけの食事を終えてゆっくりするひまもなく、1時から日中上堂。



DSC00261.jpg



日中は勢いよく走って入堂される。写真がぶれていると言うより、みなさま早いのよ。

内陣の戸の鍵がなかなかあかず、少し時間がかかったが、長い行、そういうこともあるのだ。
日中は二列にならんで内陣にはいられ、行の準備、掃除、この間も戸帳はまきあげられるので御厨子を拝む。

しばし美しい唱句を聞いたあと、局をあとにする。

練行衆たちはこのあと入浴、仮眠をとられる。
湯屋のお風呂は桧でとてもいいお風呂なんだそうな。このお風呂は年末の大仏御身ぬぐいのご奉仕をされた方も利用できるのだと、東大寺の職員さんから聞いた。



DSC00267.jpg



今年も無事に修二会は終わる。
いよいよ本格的な春だ。



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/822-1ddf1911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

修二会2017・その4〜尻つけ松明 «  | BLOG TOP |  » 修二会2017・その2〜初夜上堂・お松明〜下堂

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (193)
茶事(亭主) (21)
茶事(客) (54)
京のグルメ&カフェ (47)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (29)
京都めぐり2017 (9)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (43)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (16)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR