topimage

2017-09

Fortune Garden京都〜旧・島津製作所本社 - 2013.05.14 Tue

(今日は実はグルメ記事ぢゃありません。スミマセン)

P1030287.jpg

昨年結婚式場・レストラン・パーティー会場としてデビューしたFortune Garden 京都

P1030288.jpg

実は島津製作所の旧本社の建物。島津のロゴはそのまま保存(^_^)v
ええなあ、このエントランスファサード。

P1030289.jpg

だって武田五一の設計だもの。
京都市役所、府立図書館と同じ戦前の名建築だもの。

P1030290.jpg

Fortune Garden京都は東京の資本ながら、壊されずにすんだのは本当にヨカッタ。
ええなあ、このディテール。

P1030291.jpg

しかし、河原町通りのこのビルの前はよく通っていたはずだけれど、Fortune Gardenになる前はどんなだったか、いまいちはっきり記憶にない。あまりにあたりまえすぎて目に入ってなかった。こんなになってはじめて名建築だったんだ、、とわかるとは!(まあ、島津に用事はなかったので入る機会もありませんでしたが)

ネットでさがしてみたら改修される前の画像を発見。コチラ→
そういえば、そうそう、、、と思われた方も多いのでは?

さて、建物ウォッチングをかねてこちらのレストランで夕食を。

P1030292.jpg

なんだか大正デモクラシーの世界に迷い込んだようです。(竣工は昭和2年ですけど)
奥の方にウェイティングバーもあって、大人の社交場のイメージ。

P1030297.jpg

でもフレンチの食事はカジュアルな感じで、お値段も若者向きにややお安めの設定。
こちらカウンター席。

P1030300.jpg

え〜、、、本日はビルウォッチングがメインなので、お料理の写真はこれで終わりです。(^_^; アシカラズ。
でもおいしかったですよ。雰囲気もあわせてオススメはしておきます。

P1030305.jpg

ちょっと外の廊下部分も見てみましょう。ああ、いいですねえ、この雰囲気。

P1030306.jpg

上へ行く階段部分はややシンプル。

P1030308.jpg

反対側からカウンターをのぞむ。

P1030315.jpg

北門のエントランスホールもパイプをくゆらす大人達の会話が似合いそう。

P1030312.jpg

もう少し暖かくなったらオープンカフェにもなる、すべての部屋から見ることができる庭は竹林と鯉の泳ぐ池。この庭はFortune Gardenになってから新しく作られたようです。京都らしいウェディングの背景としてよく似合うかも。

P1030316.jpg

ともあれ、ふたたびこの建物に灯がともったのね。
フレンチもレトロモダンビルウォッチングも、ごちそうさま。


関連記事

● COMMENT ●

j実は私もいつもバス中から気になっていました、私がみていますと結婚式場のようでしたので まだ入ったことはありませんが こうやってお食事をいただけるのですね、

京都の町を歩くと日本家屋だけでなく 町のあちこちにレトロな洋風菜建築物があります。
またご紹介下さいね。

しぇる様へ
島津製作所の化学分析機器は母校にもあり、分析の実習で御世話になりました。
現在、島津製作所の本社、工場は西大路御池に移転しています。
市役所の北側にあった旧本社がこのように変貌しているとは思いませんでした。
京都では、価値のある建造物を大切にするのですね。
この姿勢が伝統格式を生み出し、継承されていく源泉になるのでしょう。
重要文化財に指定される直前の明治建造物を指定されると面倒だからと、
解体してしまった、今、物議をかもしだしている市長がいる何処やらの市とは
大違いです。
その内、訪れたいと思っています。

ひいらぎ様

ランチなら気軽に予約無しでいただけるようですよ。
町歩きのお昼にいかがでしょう?
しかしこんな建物があったとは、なぜいままで気づかなかったのでしょう???

narahimuro 様

ただこの保全が京都の資本ではなく東京資本というのが気になります。
東京資本が目を付けなければ、とうに解体されていた可能性もありますね。
重要文化財建築として維持するにはやはりお金がかかりますし、京都市にそこまで金をだす気はなかったのかな。
レストランはほんとにカジュアルなので、撮影会のあとなんかにどうぞ!(^○^)

昨年の夏にオープンした頃にランチに行きましたが、恥ずかしながら、食べるのに夢中でしぇるさんみたいにじっくり建物を観察できませんでした。
島津の時は中に入れなかったけれど、こうして残されて、中も見られるようになったのはよかったですが。
この東の方には重要文化財になる前に命名権を企業に売り飛ばして、壊されてしまった建物もあるし、京都でも油断はできませんよね。

こちらのプティランチ、ねらってるのです。

vivasan様

さすがもう行かれてたんですね。早〜!
食べるよりあちこち写真をとることに熱中しているへんなおばさん客と思われたと思います(^_^;)

文化財指定をうけるといろいろ大変だということはわかりますが、かといって市民に維持費用負担を強いると際限がなくなるし、買い取った企業なりがずっとうまく利用してくれる保証もないし、、、文化財建築を保存維持することの難しさを思わずにはいられません。

夢風庵様

お手頃価格でプチコース、いいですね〜。私も今度は明るい昼間にいってみたい。

ほんとにこの建物はなかなか、プラハの古いカフェみたいな照明や椅子で。特にできたばかりはすいていて、オープンカフェは静かでとても結構でした。
でも設定が若者向けですし雑誌にも取り上げられ、かなり混んできていて落ち着いた席がとれないこともあり。。屋上のビアガーデンはまだ静かかも。今年の夏もいきたいなあ。

キレミミ様

さすがお早い!
私も今度は明るいうちのオープンカフェ行きたいです。でも最近気温がぐんぐん上がってきているのでもう屋外は無理かも。ビアガーデン、、、これも検討しなくちゃ。
島津だったころは縁がありませんでしたが、こういう形でもこのよき建物を味わえるのはありがたいことです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/88-32c978ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

色無地の誂えとおそろいのバッグ «  | BLOG TOP |  » 憧れの忘筌にて一服〜大徳寺・孤篷庵 遠州忌茶會

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (208)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (1)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (25)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (37)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR