topimage

2017-08

前祭・宵々々山点描2017 - 2017.07.16 Sun

夜店も出ていない、歩行者天国でもない、そんな14日宵々々山だが、人出はまだ少なく、私はこの日のふらり歩きが好きだ。夕方のはじまりから駒形提灯に灯りがともるまで、ふらふら鉾町逍遙、脈絡ない点描。




P1120390.jpg




今年の巡行山壱番、占出山。
神功皇后の神話にちなむ安産のお守りがでる。そういえば初孫がお腹の中にいるときにもここは山壱番で、手ぬぐいをもとめたのだった。





P1120398.jpg




今年も曳き初めしたよ、船鉾。やはり舟の形が鉾の中では秀逸。





P1120399.jpg




屏風飾りもはじまる。
これに欠かせぬのがヒオウギ。今なら京都中の花屋さんでもとめられるよ。





P1120401.jpg




船鉾町の和装小物の四季咲さん。ここの奥座敷で、、、





P1120405.jpg





こんな素敵な坪庭を眺めながら、、、




P1120406.jpg




今年もD君のお茶席。
室礼がとても涼やか。丸久○山園のさらさらした冷抹茶(砂鉄みたいなさらっさらの抹茶!)で氷をいれた冷水点て。





P1120407.jpg




台子点前で杓立にたててあった、本来火箸であるべきものが氷をつかむ竹製のトングだったのには思わずにやり。
これは台子を知っている人しか笑えないツボだわね。




P1120408.jpg




四季咲さんのミセの間では和装小物のセール、その後にこれも見事な屏風飾り。





P1120410.jpg




最近では、どこに何鉾があって何山があるか、だいたい覚えたが、それでも辻を曲がって思いがけず駒形提灯をみつけると萌える。





P1120411.jpg




蟷螂山。

各山にはそれぞれ独特のテイストがあって、物品販売に力をいれているところ、イベントに力をいれているところ、昔からの風情で近所の人が楽しむのがメインのところ、さまざまでおもしろい。

保存会の会員に大きな店や会社があるかどうかでも、ずいぶん感じが違う。




P1120415.jpg




山立ての終盤に立った四条傘鉾。神官のお祓いをうける。
この神官さん、その後あちこちの山鉾でお祓いしているのを見たわ。大忙し。





P1120417.jpg




綾傘鉾のお囃子席。





P1120418.jpg




会所の大原神社では巫女さんのお祓いと御神酒授与。





P1120422.jpg




伯牙断琴の伯牙山の会所は杉本家だ。この印は琴柱。




P1120484.jpg




宵山恒例の一般公開も開始。昨年は撮影できたが、今年は禁止。
それにしてもいつも感激する、この規模の京町家の風情。文化財登録をうけつつも、よく維持しておられると杉本家の方々のご苦労を思う。よくぞ残してくださった。





P1120458.jpg





鉾町の祭礼のお飾り。





P1120461.jpg




と、うろうろしているうちに駒形提灯に灯りがともる。いよいよ祭の風情が高まる。




P1120464.jpg




♪ ろうそく一本献じられましょう つねはでません今晩限り ご信心の御方さまは、、、


鉾町の子どもたちも往時に比べると減ってしまった。

今朝の京都新聞に、鉾町に住んでいる住人の数は長刀鉾、函谷鉾はゼロなんだそうな。これはけっこうショックだ。
鉾町のお祭りながら、よそから来た人たちの手でなんとか維持できている、、、というのが昨今の祗園祭なのだな。




P1120466.jpg




鉾町の西と南のはずれになる太子山。
会所はこれも杉本家と並ぶ大きな京町家の秦家。





P1120470.jpg




山とともに巡行する荷内茶屋を数年前復活させ、巡行中にお茶を振る舞う役を知人が毎年しているので、なんだかなじみを感じる山なのである。

床几をたくさん道に出して道行く人が夕涼みをする風情もまたよい。




P1120472.jpg




油小路にあるから油天神山。
町内には天神さんゆかりの梅にちなんだ?梅鉢医院なんて名前のクリニックもあるのよ。(名字が実は梅鉢さん???)





P1120475.jpg




細い小路の山鉾を尋ねる方が好きなのだが、大通りへもでてみよう。

四条通りの西端、四条傘鉾から東を見る。




P1120478.jpg




四条傘鉾では日和神楽のお稽古中。お囃子方に知り合いがいるの。




P1120479.jpg




帯に粽を差している姿はかっこいい。




P1120491.jpg




綾傘鉾周辺に舞い戻るが、先ほどに比べて人出がだんだんすごくなっていて、なかなか前へすすめない。




P1120494.jpg




いっしょに粽作りをした大学生ボランティアもグッズ販売のお手伝い。自分が作った、、、かもしれない粽を購入。




P1120499.jpg




表の格子戸にベンガラを塗ったりしてさらにグレードアップした後祭・大舩鉾の会所。船首飾りもお披露目。
昨年は初めて竜頭で巡行したので話題になったが、今年は大金幣の順番。





P1120500.jpg




新町上がるの放下鉾。





P1120504.jpg




人形稚児の三光丸くん。
鉾へ女人は上がれないが、ここの会所は好きだな。二回の奥の縁側から空中の橋がのびてお蔵へ続く。ここで夕涼みしたらさぞや気持ちよかろう。





P1120506.jpg




駒形提灯の灯りもくっきりと見えるくらいに暗くなってきた。




P1120511.jpg




四条通り、二階囃子がステキだった月鉾。




P1120512.jpg




お囃子を演奏中の鉾にあがらせてもらうが、ほんまにあの狭い空間にぎゅうぎゅうなのね。残念ながら撮影禁止。





P1120516.jpg




そして最後に行ったのが烏丸通りの孟宗山。前祭では一番最後の山立てとなった。
実は先年から全山鉾の朱印を集めておって、昨年9割方完成したのだが、今年残りをコンプリートしようと集め回って、ここのが最後になったのであった。





P7140035.jpg




烏丸通りをはさんで東側には祗園祭の期間だけあく名水御手洗の井戸がある。




P7140033.jpg




今年も甘露な水をいただく。
知らない人が多くて、スルーされるのが残念。




P1120522.jpg



さて、うちに帰って戦利品を確認。
実用性も兼ね、各山の意匠も楽しい手ぬぐいは毎年必ず。コチラの方は毎年新柄もでるのでコンプリートは無理そうだわ。




P1120526.jpg




で、2年がかりで完成した朱印帳!
(なぜかこういうのって、集めだすとムキになるよね^_^; )




関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

御朱印制覇、おめでとうございます^^

昨夜(宵々山)に、出向きましたが

もう、もう、凄い人で・・・・参りました><

しぇるさん、こんにちは!今日横浜は35℃!!京都はもっと暑いのでは?何年か前に見た祇園祭りを思い出しながら楽しく拝見しています!御朱印!私も集めています!今2冊目です!質問です。御朱印帳は神社とお寺、御朱印帳を別にされていますか?

高兄様

宵々山はもう人多すぎてだめですね〜
夜店なし、ホコ天なしの14日がやはりよいようですよ
まだ風情があります。

御朱印、また来年もやっちゃうかな〜(^_^;

みゅうぽっぽ様

私は寺社の御朱印は集めたことないんですよ。
山鉾まわりは、たくさんある山鉾の見落としがないか確認のために集めたというかんじですかね。
祗園祭ならではの楽しみです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/886-63b56b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

祗園祭ニッチ?情報〜豊園泉正寺榊と高橋町斎竹奉賛会 «  | BLOG TOP |  » 天岩戸のカミあそび〜岩戸山2017

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)
ポルトガル中部〜北部紀行 (2)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR