topimage

2017-11

黄檗山萬福寺〜月見の煎茶会2017 - 2017.10.24 Tue

今年も宇治は黄檗山萬福寺、月見の煎茶会です。



DSC01637.jpg




しかし、ここも雨。
月見どころではない天気が続きます。




DSC01640.jpg




やはり雨のせいか例年よりお客様は少ないようです。
煎茶席は6席で、券1枚につき3席入れるので、どこに入るか毎年思案するのも楽しみ。




DSC01641.jpg



まずは弥勒菩薩の化身であるところの布袋様にご挨拶して。




DSC01651.jpg




例年は境内の屋外で、テントをはったり、幕を張り巡らせたりいろんな室礼があるのですが、今年はすべて室内だなあ、、、と思っていたら、この雨、先見の明があったというべきでしょうか。




DSC01652.jpg




法堂の左右に東方丈と西方丈。




DSC01656.jpg




まずは東方丈の二條流の席から。




DSC01658.jpg




萬福寺は黄檗宗の総本山、開山は中国・明からおいでになったかの有名な隠元禅師であります。よって建築はすべて中国風、この卍くずしの紋様も異国風。黄檗声明もどことなく異国的なのであります。




DSC01663.jpg




何回か書いていますが、煎茶は流派はゆうに200をこえるといわれるので、客の方は作法あってなきがごとし、うちの流派ではこうです、、、でおしとおせる(かな???)
点前の所作も千差万別、だからもっぱら室礼を楽しみに行く、というか。




DSC01665.jpg




俵屋吉富さんの月にウサギの薯蕷は、雨で見えない満月の代わりに。




DSC01666.jpg




気になったのがこの畳のへりの紋様。黄檗宗独特のものなのかしら?
私が学んだ(ちょっとだけ)流派はお茶が数滴しかないのだけれど、二條流ではそこそこありましたし、お菓子も一煎目と二煎目の間にいただけばよいのでした。(習った流派は二煎のあと、白湯の前)




DSC01668.jpg




この萬福寺の景色で好きなのがこの吊り灯籠なのです。
まだそれほど暗くはないので、こんな感じですが。




DSC01669.jpg




雨の境内を眺めて語らうお客様。
なんだか絵になる。




DSC01676.jpg




長い回廊もさすがにこの雨では人影も少なく。




DSC01650.jpg




食事や法要の時間を告げる大きな雲梆(うんぱん)。




DSC01686.jpg 





そのお向かいに萬福寺のシンボルともいうべき魚の形の開梆(かいぱん)。木魚の原型ともいわれます。口から吐き出しているのはたたかれるたびに煩悩がでていく、、ということから煩悩玉とよばれているのだそうですよ。煩悩玉ねえ、、、すてきなネーミング(^_^;





IMG_9169.jpg




次いで入ったのが五雲居の黄檗売茶流の立礼席。ここにはいるのは初めて。

琴がおいてあるのに驚きましたが、なんと、お点前の途中から奏者が奏で始めたではありませんか。それも伝統的な和の曲ではなく、むしろギターとかピアノとかに合いそうな曲で美しく、着物ではなくオーガンジーの長衣をまとった女性の点前に実によく似合っていました。





IMG_9172.jpg




こちらも独特の大きな器で。(いろんな点前の種類はあると思いますが、ここでのこの流派はいつもこの大きな茶碗のような気がする)




IMG_9174.jpg




テーブルもスタイリッシュですね。




DSC01680.jpg 




点茶盤もモダンで素敵。衣裳といい、ここの席主さんはなかなかおしゃれな方のようです。




DSC01671.jpg




最後に双鶴亭の瑞芽庵流の席をとっておいたのですが、予定より早く始まったらしく入れません。次の席まで待つ時間がなくて、お菓子を頂戴し、お席だけちらっとみて帰りました。




DSC01683.jpg




待合。
瑞芽庵流は初めてで、お点前見られなかったのが少々残念です。




DSC01684.jpg




室礼はお月見で。
雨で見えない月に思いをよせて。




DSC01685.jpg




前席終了後にちらっと撮影だけしたのがこれです。




DSC01695.jpg 




さて、日もいよいよ暮れて、18時から本堂で献茶式法要が始まるようです。ここで黄檗声明がたっぷり聞けるのですが、今年はちょっと所用有っておつきあいできず、後ろ髪引かれながら後にしました。




DSC01687.jpg 




そのころ吊り灯籠の景色は最高に美しくなるのです。




DSC01690.jpg




この宙に浮かんだランタンのようにみえる幻想的な景色を最後に見て、萬福寺を辞しました。




DSC01697.jpg




来年は月が見られるといいね。




関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

こちらの御寺さん、私も何度か訪れていますが

その異国情緒(中華風)、広大な寺地に驚きを覚えました

さぞ、良き思い出となられた事でしょうね^^

高兄様

先日はどうもどうも!

萬福寺、私も何となく好きで、けっこうよく行ってますよ。(月見茶会には毎年)
なかでもこちらさんの黄檗声明はよろしいねえ。

あまり作法をうるさくいわないので、高兄さんもここの煎茶会一度いかがですか?

しぇるさん、こんにちは!黄檗宗萬福寺!今年行きました!!懐かしく拝見しました!そうですよねここは隠元和尚が伝えたお煎茶でしたね!!私はお煎茶のお点前は知りませんがお道具は前京都のうるわし屋さんが代官山のヒルサイドでお茶道具の展示即売の時見せていただきました。素敵なお茶会でしたね!!

みゅうぽっぽ様

大雨で月のかけらも見えなかったのが残念でしたが、煎茶会は楽しめました。
萬福寺は独特の雰囲気があって好きですね。
今度は普茶料理にも挑戦してください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/936-e289e5cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

陽明文庫〜虎山荘・紅葉の茶会 «  | BLOG TOP |  » 金毛茶会〜高台寺

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (25)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR