topimage

2017-11

炉開きの頃、哲学の道かいわい〜SIONE・とま屋 - 2017.11.02 Thu

10月はほんまに雨ばかりで青空がなかなかおがめなかった。




IMG_9230.jpg




10月の最後、久々に青空の休みだったので、哲学の道散歩へ。
岸辺ではもう山茶花なども咲いて、紅葉にはまだ早く、人の訪れも少ない。




IMG_9233.jpg





かわいいお尻を出してエサをとる鴨のつがい。シンクロナイズドスイミングよろしく。
こんなカップルがたくさんいましたよ。





DSC01727.jpg




研究室時代、ここのおとなりの不老園さんでは宴会をしたものだったが、いつのまにかお隣の町家がお店になっている。
真葛窯のお嬢さん、河原尚子さんのショップSIONEが哲学の道近くへ移転されたという話を聞いたが、ここだったか。




DSC01728.jpg




家業は兄上が継がれるとして、ご自分は佐賀で焼物修行をされ、陶板画制作や、陶器をメインにしたプロダクトデザイン(陶器のラッピングそのものが商品、、、という感じかな)をてがけておられる。そういえば先日の高台寺での金毛茶会で彼女の作品がたくさん使われていた。




IMG_9301.jpg 




センスが良くて、若い女性に人気がでるのもわかるが、私の歳では白磁に金彩は少々、派手。でもかわいいのでぐい飲みを入手。つい酒器と考えてしまった酒飲みだが、尚子さんはエスプレッソもいれられますよ〜と。そうか、そっちのほうがおしゃれ。





DSC01732.jpg




哲学の道南端、若王子を西へ行く道に知る人ぞ知る和菓子のとま屋さん。しらなければ絶対素通り、でも、お茶仲間ではかなり有名。





IMG_9234.jpg




お休みがきまぐれなので、暖簾がでていたらラッキ〜♪たどりつける。




DSC01731.jpg




店舗の入り口がこんな感じで、ショウケースになにも入っていないことが多いので、このまま回れ右をする人もいるかもしれない。





IMG_9239.jpg





お庭をまわった(個人宅の)玄関をはいるとこんな素敵な応接間、いや、カフェ。
調度が欧州骨董なのもなぜか似つかわしく、昭和の雰囲気、哲学の道にまさに似合っているのだ。




IMG_9238.jpg




店主のおばさまがおひとりで、ほとんど趣味?で作られている和菓子だが、ここの絶品はなんといってもわらび餅、わらび餅の中に上品な餡がはいっていて、とろっとろのお菓子なのだが、季節なので栗きんとんをいただく。




IMG_9241.jpg




昔ご近所に住んでいた外国の留学生が作ったお茶碗だそう。北欧のブロカンテテーブルによく似合う。




DSC01729.jpg




こちらのお庭に残るのは3本の梅の木、そしてなんと贅沢なことに、ここに居ながらにして永観堂の紅葉を見ることができるのだ。いつも最後に色づく木が一番よく見えて、毎年楽しみにされているよし。





DSC01730.jpg




で、わらび餅はお持たせに10個買ったら、柚子餅をオマケにつけてくださった。得した〜!





DSC01719.jpg




そして久々に晴れた日なので、とうとう風炉の灰を片付け、、、、




DSC01722.jpg




炉開き!




DSC01726.jpg




いよいよ茶人の正月が来る。




DSC01721.jpg




そして炭も洗っちゃおう。
久しぶりに見る炉の炭は大きいなあ〜。





関連記事

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

コメントありがとうございます。ご近所の方でびっくりです。
顔ばれてしまいましたね〜。想像されたような大物でなくてすみません(^_^;
この日はまだ10月中のことです。
良い場所にギャラリーをお持ちとのこと、そこでお茶もされているのですね。それはすてき!
そのうちのぞかせていただくやもしれません(*^^)v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

拙ブログがお目にとまりましてうれしいです。
ただ、個人のひそかな楽しみとしてほそぼそと書いていますので、お申し出いただいたようなことはわが能力をこえます。せっかくお声がけしていただいたのに申し訳ありませんm(_ _)m

とま屋さん、今もあるのですね。10年ほど前にお正月のお菓子を買いに行ったときはお玄関にものが沢山おいてあって、シェル様はおばさまとお書きになっていますが、群馬から来たお姉さんという認識でした。その数年後に門が閉まっていたので隣の土産物屋に「まだお菓子屋さんなさってますか」と尋ねたら「知りまへん」と」とりつくしまもない応対をされ、あ京都だと思いました。このエピソードをつい先日友人に話して笑いあったのですが、お店の名前も忘れていました。懐かしい風景です。

Mariko Ishii 様

とま屋さん、一時体調を崩されてお休みされていた時期があったようです。
復活されてお元気にされています。
お姉さん、、、う〜む、ちょっと年齢不詳です(^_^;
岡崎界隈の茶友の間では、ここのわらび餅がゲットできるかどうか(不定休が多いので)がよく話のタネになっています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/940-c0ec51c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南山城の古刹〜和尚様の茶事 «  | BLOG TOP |  » 山荘流茶事〜@陶々舎

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (25)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR