fc2ブログ
topimage

2024-05

李青・寺町店 - 2018.01.15 Mon

自称我がテリトリーの寺町通り(御池より北)、なにげに丸太町通りまで出てみると、、、、

ええ〜っ!!!\(◎o◎)/!





P1120066_201801130008339d9.jpg



こ、、、ここは私が学生の頃からアジア雑貨のお店(経営者は代わったかもしれない)だった場所だが?!

いつのまにか李青2号店になってる!


李青さんといえば、私が京都に移住する前から愛用している河原町今出川の李朝カフェ。北村美術館へ行ったときにはほとんどかならず寄っている場所、寺町に新しく店舗ができたとは!
なんてうれしい!




IMG_9840.jpg




河原町・李青は、(これを見て李朝オタクになったと言っても過言ではない)李朝家具や白磁の壺、木俑や、朝鮮美術関係の本がいっぱいあって、BGMもカヤグム(朝鮮の伝統的琴)の音だったり、とても居心地のいい場所なのだ。

だが、ここもすてき!




IMG_9847.jpg 




オーナーは高麗美術館創設者・鄭詔文さんのお嬢さんだから、むべなるかな。
アジア雑貨の店だった名残が全然ないわ。
聞けばオープンは昨年10月、もともとご友人のお家だったそうだ。




IMG_9837.jpg




垂涎の李朝家具に李朝の祭器にのる仏手柑。
どこをとっても絵になる空間。




IMG_9838.jpg




河原町の方はビビンバなど食事系もあるけれど、こちらは喫茶専門。珈琲ものめるよ。




IMG_9841.jpg




この冬一番の冷え込みで、道なんか凍っている日に冷たい水正果(スジョンカ)を注文する客なんて他にはいないよね。でもここのこれ、好きなんだ。(シナモンがきいた干し柿入りのほんのり甘い飲み物)




IMG_9844.jpg




各テーブルにおかれた鬼灯のオブジェ
ギャラリーコーナーもあって、ここで存じ上げている、李朝陶器の写しがお上手な女流陶芸家さんの作品まで見つけて、うれしくなる。


参考までに河原町李青の写真もアップするね。だいぶん前の写真だけれど。




_photos_uncategorized_2012_10_27_p1010119 (1)

入り口






_photos_uncategorized_2012_10_27_p1010124 (1)




テーブルにソバン(小盤)の上だけを敷物に大きな花瓶と花、これは寺町李青も同じテイスト。




IMG_9845.jpg




このランプもなかせる。
寺町散策のまた新しい寄り道ポイントができた(*^^)v




関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

いーとこ、教えてもらった^^

そのうち私も、寄ってみようかな~^^

どんな風にカメラで切るか、ちょっと、ワクワク(勇み足に終わらなければ良いが^^;)

高兄様

はいはい、是非おでかけください。
どこをどう切り取ってもフォトジェニック!
アップを楽しみにしています。
スジョンカもためしてね。

まあ何とすてきな空間でしょう!
河原町の方は私も何度か行きました。寺町ならずっと行きやすい、近いうちに行ってみます。

そらいろつばめ様

たしかに、コチラ方がなにかのついでとかで行きやすいですね。
ビビンバたべられないのは残念ですが。(お正月はトック鍋なんかあったみたいですが)
あ、スジョンカもヨロシク(^_^;

しぇるさん、再び、こんにちは

行って来ました

素敵な空間でしたね^^

そうそう、スジョングァも勿論頂きました^^v

飲みやすいけど、深みもあって美味ですね♪

他にも御客さん、沢山居られたんで

写真は数枚だけしか切れなかったんですが・・・微妙なあがりですが^^;

そのうち、UPするかもです??

良い情報、ありがとうございました^0^

高兄様

早速行ってこられましたか!はやっ!
やはり他のお客さんがおられると撮りづらいですよね。
でもどんな風に景色を切り取られたか、とても楽しみ。
ちかぢかアップですね?

しぇるさん、三度、こんにちは

>でもどんな風に景色を切り取られたか、とても楽しみ。
>ちかぢかアップですね?

正直、

上げられるの、2、3枚(ってか、2,3枚しか撮ってない)ですが

しぇるさんに、そう云われたら~UPしないわけにはいかないじゃないですか~^^

そうそう、

明日、私も相国寺いって来ます、トラ、トラ♪

高兄様

はい〜楽しみに待っています!

おとぼけ虎に会いに行かれるのですね。おとなりの栗鼠と葡萄も、蓮も芥子もとてもすてきでしたよ〜。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/970-f9bb6dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京の冬の旅2018〜相国寺・豊光寺と林光院 «  | BLOG TOP |  » 十日ゑびすの残り福〜宮川町のろじうさぎとか

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (418)
茶事(亭主) (88)
茶事(客) (185)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (114)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (5)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (152)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (9)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2024 (1)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (14)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)
台湾2024 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR