fc2ブログ
topimage

2024-02

若狭・お水送り2018〜中編 - 2018.03.05 Mon


お水取りの水を送る、その鵜の瀬がこちらである。




P3020046.jpg




大雨のあとなので、遠敷川は増水し濁っているが普段はもっと水は澄んでいるそうだ。



P3020048.jpg




すでに報道陣の特別席が最前列にもうけられていて、川岸まではいけないのがちょっと残念。




P3020049.jpg




お水送りがおこなわれる一連の行事に修験道の護摩焚きがある。川べりに用意された護摩壇。




P3020051.jpg




川に浮いている行灯みたいなものに「鵜の瀬」の文字。夜、ここで若狭神宮寺の閼伽井屋の水が投入され、10日後、二月堂の若狭井に届くといわれる。




P3020056.jpg




川べりに用意された松明。
水と火の祭(儀式)が予想されわくわくする。




P3020057.jpg




漫画「陰陽師」では、ここから清明が瓜を流し、それが水中洞穴にひきこまれるように描かれていた。



P3020061.jpg




若狭彦・若狭姫二神をお守りする若狭神宮寺。
ここでお水送りの松明行列に参加するための手松明を購入できる。参加者は手松明に火をともし、ここから先ほどの鵜の瀬までの約1.8kmを行列して歩くのだ。




P3020062.jpg




参加者は手松明にそれぞれ願い事を書く。




P3020066.jpg




こんな感じで持って歩く。道は長いし,夜はひえこむし、火花もとんで服に穴をあけるので、みなさん、防寒、防火花対策ばっちりで。



IMG_0399_201803042339423a5.jpg 



私は手松明ではなくて、わりと大きい中松明を4人でかつぐことにした。
中松明の担ぎ手はこの法被を貸してくれる。団子のように厚着した上にレインコート、法被、ともう身動きとれないくらいに着ぶくれて、、、でもビジュアルはもうどうでもいいの、、、、




P3020068.jpg




そろそろ暮れてきた境内に、若狭神宮寺の修二会、達陀、大護摩を見るためにたくさんの人が集まってきた。




P3020070.jpg




これは松明行列の先頭に立つ大籠松明、その向こうに見えるのが今宵担ぐ予定の中松明だ。意外とでかい、、、はたして大丈夫か?




P3020077.jpg




日も落ちて白装束の、行事を司る人たちが本堂に入っていく。いよいよ炎の行のはじまりだ。

(つづく)





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/992-d7010ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

若狭・お水送り2018〜後編 «  | BLOG TOP |  » 若狭・お水送り2018〜前編

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR